TOEIC900点突破のための個人レッスン

プライベートレッスンでTOEIC900突破

プロのコーチに教えてもらうものとして思い浮かぶのはスポーツですよね。
ゴルフやテニスなどレッスンプロと呼ばれる人に教えてもらうのはよくあることです。

 

また、ピアノなどのおけいこ事もコーチというか先生に教えてもらいますし、中には師匠、師範と呼ばれる人に教えてもらうものもあります。

 

いずれも昔からあるものですが、最近増えているのはビジネス系の習い事

 

仕事をするのに必要な能力を身に付けるためにプライベートレッスンとしてプロのコーチに教えてもらっている人が増えてきています。

 

ビジネス系プライベートレッスンの選び方

ビジネス系のプライベートレッスンで多いのは英語や統計など。

 

こうしたレッスンを受けた人で満足度が高い人に共通しているのは、目的意識がしっかりしていること。言い換えれば習うことがハッキリしていることです。

 

具体的には、英語の勉強というよりも「TOEICで900点を超えるための勉強」といったような目標をもって、レッスンを受けたほうが満足度も高いようです。

 

その理由は、教えるほうが的を絞って教えられるから。

 

プライベートレッスンをしている先生であれば、一定のスキルは持っています。それだけに、何を習いたいのかがハッキリしている生徒ほどポイントを絞って教えることができます。

 

もちろん、人対人なので、相性の問題もあるかと思います。
習うほうとしても、先生の年齢や性別が気になる場合もあるかもしれません。

 

その意味で、プライベートレッスンを選ぶ前には無料体験は必須です。
TOEIC対策のレッスンでも受け付けているとことがありますので、チェックしてみてください。⇒TOEIC(R)テスト対策プライベートレッスン

TOEIC対策イチオシ

  • 中学レベルからハイスコア対策まで対応
  • 人気の関正生講師の解説動画を140本も収録!
  • 本番に近い「実戦問題集」は、PART1〜PART7全てに対応して毎月200問追加!

プライベートレッスンでTOEIC900突破関連ページ

外資系転職で求められるTOEICスコア
外資系への転職する際に有利となるTOEICスコアについてまとめています。現地法人での採用の場合は実践的な英語力が重視されますが、日本法人での採用ではTOEICスコアが重視される傾向にあります。
転職が有利になるTOEICスコアの目安
転職活動のときにTOEICスコアがどのくらいあれば有利なのかを最新のデータをもとに分析しています。転職者に求める英語力は年々上昇傾向にあります。
TOEIC600点、730点で公務員試験が有利に
一定の英語力を持っている人は公務員試験(総合職)の受験が有利になる制度が新たに作られることとなりました。TOEICなど指定の英語資格を保有していれば、合格判定の際に得点が加算されるというものです。
スコア別の受験者割合
TOEICの各スコアが受験者の上位何%にあたるかを50点刻みでまとめています。またスコアを偏差値に換算するとどのくらいかも計算しているので参考にしてみてください。
セファール(CFER)とTOEICスコアの関係
語学力を評価する国際的な基準CEFR(セファール、シーイーエフアール)についてTOEICスコアとの関係などを中心にまとめています。CEFRはA1からC2まで6段階で評価され、A1とA2がBasic User、B1とB2がIndependent User、C1とC2がProfessional Userにカテゴリ分けされます。
TOEIC900点以上の有名人、芸能人を調べて分かったこと
ネットなどに公開されている情報をもとにTOEICで900点以上の高得点を取得したことのある有名人、芸能人を調べてみました。結果はコチラ。
TOEIC900点越えの価値はどのくらいか?
TOEIC900点越えというとスゴいイメージがありますが、実際にはどのくらい価値があって、どのように評価されるのかについて、自らの体験をもとにまとめました。意外なとこでオイシイ評価をもらえることもあります。
高校生はTOEICと英検取得のどちらが得か
昔は中学生や高校生が取得する英語の資格と言えば英検と決まっていましたが、最近ではTOEICに挑戦する生徒も増えています。そこで、高校生の場合、TOEICと英検のどちらを取得したほうが得なのか調べてみました。