TOEIC900点にはリスニングでの高得点とリーディングでの時間切れ防止が必須

TOEIC900点を目指す実践的な勉強法の記事一覧

英語の語順で英文を理解する

リスニングパートで400点台後半の高得点を取るためには、英語を英語のまま理解する力が必要です。

 

試験を受けたことがある人ならわかると思いますが、TOEICのリスニングパートは問題文、選択肢とも英語で一度流れるだけです。回答時間も決して長くありません。

 

このため、聞いた英語を頭の中で日本語に置き換える「返り読み」をしている時間はありません。

 

続きは ⇒ TOEICリスニングで高得点を取るための勉強法

 

TOEICリスニング満点者が続出

 

英語を返り読みしないで英語の語順のままで理解するというのは頭では分かっても、実際にどのように勉強すればよいかが分からないもの。これを「Hop,Skip&Jump」「ハイパー・スピード」といったメソッドで体系化したのがスーパーエルマーです。
詳しくはコチラでチェック ⇒ TOEICに強いリスニング教材「スーパーエルマー」

 

900点達成にはリーディングパートでの全問回答が必須

TOEICのリーディングパートは問題量が多いのが特徴です。このため普通に解いていたのでは、時間切れで全問回答できません。

 

また、TOEICの問題には簡単なものと難しいものが混在しています。ただし、問題の難易度順に出題されているわけではありません。簡単な問題がリーディングパートの最後の方に出題されていることもまります。

 

このため時間切れでできない問題があると、本来は得点できた問題を取りこぼしてしまうことになります。続きは ⇒ TOEICが時間切れで全問回答できない場合の勉強法

 

800点の壁を感じているなら勉強法の見直しが必要

700点以上なら、ある程度は英語が出来る方だと思います。

 

ただ「成績が頭打ち」「勉強法に行き詰まっている」といった状況ではないでしょうか?

 

私も700点台の時期が続きました。なかなか800点のカベを越えられず、このあたりが限界なのかとも思ったり…。

 

このときに気分転換で受けた「TOEIC SW」がカベを突破する鍵になりました。
続きは ⇒ TOEIC700点以上の人のTOEIC勉強法

 

ひとつに絞って伸ばす

TOEIC400点以上を取れているということは、英語の基礎力はあるということだと思います。

 

ただ、仕事が忙しくて勉強の時間が取れない等の理由で700点を越えられないのでは?

 

勉強法さえ間違えなければ、TOEIC700はすぐ越えます。

 

大切なのは短期集中TOEICの勉強に絞ることです。

 

英会話とTOEICの勉強法は同じ英語でも異なります。この段階で両方の勉強をしてしまうと、どっちつかずになります。英会話もそこそこ、TOEICスコアもそこそこ。続きは ⇒ TOEIC700点未満の人のTOEIC勉強法

広告