ラグビー関連の英語(用語)を一覧

海外情報を得るためのラグビー関連用語

にわかファン卒業への第一歩。
ラグビー関連の英語(用語)を一覧でまとめまてみました。

 

ラグビーの本場は基本的に英語圏です。そこで海外サイトなどで本場のラグビー情報を得るために必須となるのが英語表記のラグビー関連用語。

 

基本的なワードさえ知っておけば、あとは翻訳サイトなどを使って本格的かつ専門的な情報を得ることができます。「ラグビー情報基礎英語」をまとめたので参考にしてみてください。

 

ラグビー情報基礎英語

各国代表チームの愛称

ラグビーは国の代表チームに愛称がついていることが多いです。
有名なのは、ニュージーランド代表=オールブラックス

 

ほかの国にもこうした愛称があるので一覧にしました。

愛称(英語)
Brave Blossoms日本代表
All Blacksニュージーランド代表
Wallabiesオーストラリア代表
Springboks南アフリカ代表
Saxons または Red Rosesイングランド代表
Diables Rouges または Red Dragonsウェールズ代表
Les Bleusフランス代表
Los Pumasアルゼンチン代表
Azzurriイタリア代表
The British and Irish Lionsイギリス&アイルランド代表
Barbarians混成チーム

「The British and Irish Lions(イギリス&アイルランド代表)」は、単に「Lions」と表記されることもあります。なお、アイルランド代表とスコットランド代表にはこうした愛称はありません。

 

強豪国が毎年、行っているリーグ戦

ティア1(Tier1)と呼ばれる強豪国が参加しているリーグ戦が下記の2つ。

リーグ戦(英語)名称参加国
Six Nations6か国対抗イギリス、スコットランド、ウェールズ、アイルランド、フランス、イタリア
The Rugby Championshipラグビーチャンピオンシップニュージーランド、オーストラリア、南アフリカ

 

北半球の国がSix Nations(6か国対抗)、南半球の国がThe Rugby Championship(ラグビーチャンピオンシップ)と分かれています。

 

Six Nations(6か国対抗)は、かつてはFive Nations(5か国対抗)でしたが、イタリアが加わり、2000年から現在の形式になっています。

 

なお、Six Nationsの中でイングランドスコットランドアイルランドウェールズの4か国をHome Nationsと言い、この中での全勝Triple Crownと呼びます。

 

Six Nationsでの全勝優勝はGrand Slamです。

 

ポジションの英語表記

各ポジションの英語表記はこちら。

ポジション(英語)日本語略称背番号
PropプロップPR1,3
HookerフッカーHO2
LockロックLO4,5
FlankerフランカーFL6,7
Number 8ナンバーエイトNo88
Scrum halfスクラムハーフSH9
Fly halfフライハーフFH10
WingウィングWTB11,14
CentreセンターCTB12,13
Full-backフルバックFB15

日本ではスタンドオフ(Stand-off、背番号10)という名称が一般的ですが、海外ではFly halfまたはFive Eighthと呼ばれるのが一般的です。

 

プレーと主な反則の名称

最後にプレーと主な反則の英語表記です。

プレーまたは反則(英語表記)日本語
Scrumスクラム
Line-outラインアウト
Maulモール
Ruckラック
knock-onノッコン(ボールを前に落とす反則)
throw forward / forward passスローフォワード / フォワードパス(ボールを前に投げる反則)
collapsingコラプシング(スクラムやモールを故意に崩す反則)
obstructionオブストラクション(妨害プレー・反則)

 

海外ラグビーはスカパーで見られます!

【スカパー!】1chから自由に選べて変えられる!

英語学習の新定番!スタディサプリ ENGLISH


TOEICもビジネス英会話も、そして受験リスニング対策も全部これ1つでOK! 人気ゲーム制作会社が考えたドラマ形式レッスンは ビジネスにもプライベートにも使える英語が満載!
page top