アルクTOEICスコア買取キャンペーンの条件をチェック

アルクTOEICスコア買取キャンペーンの条件をチェック

TOEIC対策の英語教材でも評判のアルクがTOEICスコアの買取キャンペーンを行っています。

 

TOEICのスコアのアップ幅に応じて報奨金がもらえるというもの。報奨金は50点アップで5,000円、100点アップだと10,000円です。

 

2015年夏の限定キャンペーンで利用には条件があるのでまとめてみました。

 

アルクTOEICスコア買取キャンペーンの条件

  • キャンペーン期間中(2015年7月1日〜2015年8月31日)にアルクのTOEIC対策講座(9つのうちのいずれかひとつ)を受講
  • 受講前のTOEIC公式スコアを申請(※1)
  • 受講前よりTOEICスコア50点以上アップで報奨金の対象となる

※1…対象となるのは2014年6月1日から2015年7月31日までに実施されたTOEIC公開テストのスコアです。

 

50点以上アップの判定が有効になるTOEICテストはアルクが指定した下記のものです。

対象回試験日対象回試験日
第203回2015年 9月13日第206回2015年12月13日
第204回2015年10月25日第207回2016年 1月31日
第205回2015年11月15日第208回2016年 3月13日

来年(2016年)の3月のテストまでにスコアが上がれば対象になるということなので、かなり期間がありますね。

 

対象となるテストは何回もありますが、報奨金をもらえるのは1回だけ
何度も申請することはできません。

 

何回か受けて一番スコアのいいもので申請するのが良さそうです。

 

TOEIC900点コースの標準学習期間は6ヶ月

スコア買取キャンペーンの対象となっている講座にはTOEIC900点コースも含まれています。900点コースの標準学習期間は6ヶ月

 

8月から勉強を開始したとすると、来年の1月で6ヶ月となります。スコア買取対象のTOEICテストは来年の1月末と3月にもあるのでちょうど良さそうです。

 

100点アップだと10,000円になるので800点に届いていない人も、これを目標にTOEIC900点越えを目指すとモチベーションアップになります。

 

さらに詳しくは下記からアルクの公式サイトでチェックしてみてください。
【TOEICキャンペーン】50点以上UPで報奨金、進呈!

 

 

↓英語に本気な人だけチェックしてください↓

アルクTOEICスコア買取キャンペーンの条件をチェック関連ページ

外資系転職で求められるTOEICスコア
外資系への転職する際に有利となるTOEICスコアについてまとめています。現地法人での採用の場合は実践的な英語力が重視されますが、日本法人での採用ではTOEICスコアが重視される傾向にあります。
転職が有利になるTOEICスコアの目安
転職活動のときにTOEICスコアがどのくらいあれば有利なのかを最新のデータをもとに分析しています。転職者に求める英語力は年々上昇傾向にあります。
TOEIC600点、730点で公務員試験が有利に
一定の英語力を持っている人は公務員試験(総合職)の受験が有利になる制度が新たに作られることとなりました。TOEICなど指定の英語資格を保有していれば、合格判定の際に得点が加算されるというものです。
スコア別の受験者割合
TOEICの各スコアが受験者の上位何%にあたるかを50点刻みでまとめています。またスコアを偏差値に換算するとどのくらいかも計算しているので参考にしてみてください。
セファール(CFER)とTOEICスコアの関係
語学力を評価する国際的な基準CEFR(セファール、シーイーエフアール)についてTOEICスコアとの関係などを中心にまとめています。CEFRはA1からC2まで6段階で評価され、A1とA2がBasic User、B1とB2がIndependent User、C1とC2がProfessional Userにカテゴリ分けされます。
TOEIC900点以上の有名人、芸能人を調べて分かったこと
ネットなどに公開されている情報をもとにTOEICで900点以上の高得点を取得したことのある有名人、芸能人を調べてみました。結果はコチラ。
TOEIC900点越えの価値はどのくらいか?
TOEIC900点越えというとスゴいイメージがありますが、実際にはどのくらい価値があって、どのように評価されるのかについて、自らの体験をもとにまとめました。意外なとこでオイシイ評価をもらえることもあります。
高校生はTOEICと英検取得のどちらが得か
昔は中学生や高校生が取得する英語の資格と言えば英検と決まっていましたが、最近ではTOEICに挑戦する生徒も増えています。そこで、高校生の場合、TOEICと英検のどちらを取得したほうが得なのか調べてみました。