TOEIC SWについて

TOEICとTOEIC SWの違い一覧

項目 TOEIC TOEIC SW
試験対象 英語でのインプット力 英語でのアウトプット力
試験問題 リスニングとリーディング スピーキングとライティング
回答形式 マークシート PCに声を録音、文章を入力
試験時間 120分 約80分
リスニング 45分 スピーキング 約20分
リーディング 75分 ライティング 約60分
問題数 リスニング 100問 スピーキング 11問
リーディング 100問 ライティング 8問
スコア 10〜990点 0〜400点
リスニング 495点満点 スピーキング 200点満点
リーディング 495点満点 ライティング 200点満点
レベル 初心者から上級者まで TOEIC700点以上からが目安

SWスピーキング問題の概要

TOEIC SWのスピーキング問題はすべて一人ずつに割り当てられたパソコンに表示され、ヘッドフォンをつけて音声を聞き取ります。

続きはこちら

SWライティング問題の概要

ライティング問題文は、すべてパソコン上に表示され、キーボードを使って英語を打ち込んで回答します。出題パターンは決まっていて、毎回、同じ形式の問題が出題されます。

続きはこちら

TOEIC SWスコア表(これがテスト後に郵送されてきます)

TOEIC SWスコア

スコア表の見方はこちら ⇒ TOEIC SW試験の概要

↓おすすめTOEIC対策↓