高校生はTOEICと英検のどちらを取得したほうが得かを考察

高校生はTOEICと英検のどちらを取得したほうが得か

昔は中学生や高校生が取得する英語の資格と言えば英検と決まっていましたが、最近ではTOEICに挑戦する生徒も増えています。

 

そこで、高校生の場合、TOEICと英検のどちらを取得したほうが得なのか調べてみました。

 

大学入試に役立つのは英検

どちらのほうが大学の推薦入試に役立つかというと英検です。

 

TOEICでも一定のスコア以上で入試が有利になる大学も増えてきていますが、全体的な数では英検のほうが多くなっています。

 

英検のほうが昔から推薦入試では使われていたので、どうしても数が多くなります。

 

ただ、新しい学部などでは英検を対象とせずにTOEICだけを対象にしているところもあるので、志望大学により状況は異なりますので、注意が必要です。

 

就活、社会人になってからも役立つのはTOEIC

大学入学後のことを考えるとTOEICのほうが有利です。就活時に役立ちますし、社会人での昇進、昇格条件にもなっているからです。

 

反対に社会人となってからはあまり英検で評価されることはありません。
公務員など一部の職種ではありますが、民間企業ではほとんどありません。

 

TOEICスコアは外資系企業だけでなくても重視している会社が増えてきているので、高スコアを持っているとかなり有利です。

 

高校生のうちからTOEICを受験するメリット

高校生のうちからテスト形式に慣れておくと高スコアも取得しやすくなります。一般的にTOEICスコアは過去のデータの中で最高点が評価されます。

 

1回目の受験のスコアが重視されるということはないので、勉強してから受験しないと不利ということはありません。

 

また、社会人になってから英検用の勉強からTOEIC用の勉強に切り替える必要もありません。

 

大学受験などで、どうしても英検が必要という場合を除けば、TOEICに絞ってしまったほうが勉強も効率的になります。ぜひ、高校生のうちからチャレンジしてみてください。

 

英語学習の新定番!

オススメ! TOEICもビジネス英会話も、受験リスニング対策も全部これ1つでOK!
人気ゲーム制作会社が考えたドラマ形式レッスンはビジネスにもプライベートにも使える英語が満載!
スタディサプリ ENGLISH まずは無料体験!

TOEIC対策イチオシ

  • 中学レベルからハイスコア対策まで対応
  • 人気の関正生講師の解説動画を140本も収録!
  • 本番に近い「実戦問題集」は、PART1〜PART7全てに対応して毎月200問追加!

高校生はTOEICと英検のどちらを取得したほうが得か関連ページ

外資系転職で求められるTOEICスコア
外資系への転職する際に有利となるTOEICスコアについてまとめています。現地法人での採用の場合は実践的な英語力が重視されますが、日本法人での採用ではTOEICスコアが重視される傾向にあります。
転職が有利になるTOEICスコアの目安
転職活動のときにTOEICスコアがどのくらいあれば有利なのかを最新のデータをもとに分析しています。転職者に求める英語力は年々上昇傾向にあります。
TOEIC600点、730点で公務員試験が有利に
一定の英語力を持っている人は公務員試験(総合職)の受験が有利になる制度が新たに作られることとなりました。TOEICなど指定の英語資格を保有していれば、合格判定の際に得点が加算されるというものです。
スコア別の受験者割合
TOEICの各スコアが受験者の上位何%にあたるかを50点刻みでまとめています。またスコアを偏差値に換算するとどのくらいかも計算しているので参考にしてみてください。
セファール(CFER)とTOEICスコアの関係
語学力を評価する国際的な基準CEFR(セファール、シーイーエフアール)についてTOEICスコアとの関係などを中心にまとめています。CEFRはA1からC2まで6段階で評価され、A1とA2がBasic User、B1とB2がIndependent User、C1とC2がProfessional Userにカテゴリ分けされます。
TOEIC900点以上の有名人、芸能人を調べて分かったこと
ネットなどに公開されている情報をもとにTOEICで900点以上の高得点を取得したことのある有名人、芸能人を調べてみました。結果はコチラ。
TOEIC900点越えの価値はどのくらいか?
TOEIC900点越えというとスゴいイメージがありますが、実際にはどのくらい価値があって、どのように評価されるのかについて、自らの体験をもとにまとめました。意外なとこでオイシイ評価をもらえることもあります。