TOEIC900点越えに役立つ教材のレビューを掲載

TOEICスコアアップに役立つ教材

英語教材の中でTOEICのスコアアップに評判のある教材や講座を選んでレビューしています。
TOEIC900点越えを達成した私の独断と利用者のクチコミを元に評価を記載してます。

アルクの通信教材でTOEICに役立つもの

英語の教材が充実しているアルクですがTOEIC向けに特化した目標スコア別のコースは、470点、550点、650点、730点、800点、900点と6種類もあります。

 

私も使用しましたが、目標スコア730点のものがスコアアップに効果がありました。
(人気のヒアリングマラソン1000時間についてもレビューしてます。)

続きは ⇒ アルクの通信教材でTOEICに役立つもの

 

その他のTOEIC教材に関する記事一覧

「1000時間ヒアリングマラソン」を続けるための1日の勉強時間

 

1年で1000時間英語を聞くというコンセプトの教材がアルクの1000時間ヒアリングマラソン。英語教材の顧客満足度調査でもTOEICの高得点者(800点以上)から高い評価を得ている教材ですが、気になるのは1000時間も続けられるのかということですよね。

アルクTOEIC900点コース申込前にチェックしたいこと

 

TOEICの教材は書店やネットなどにたくさんありますが目標スコア900点以上の高得点向けとなると数が限られてしまいます。また、900点以上向けのものはあったとしても難問奇問を集めたような問題集だったりして、実践的ではありません。

TOEIC900点越えを目指すビジネス英語の勉強方法

 

TOEICテストではビジネスの現場で使われる英語が数多く出題されます。Eメールに関連した問題や社内文書のようなものもパート7ではよく見かけます。このため社会人にとってはTOEICの勉強とビジネスの現場で使う英語が一緒に学べるのがメリットでもあります。

ヒアリングマラソン3ヶ月コースの効果はどのくらい

 

アルクの名物講座「ヒアリング100時間マラソン」は通常は1年間の継続利用を前提としたものですが、これが3ヶ月だけお試しできるコースを期間限定で受け付けています。

年末年始から始める英会話教材選びのポイント

 

「今年こそTOEIC900点を突破するぞ!」「今年中に英会話をマスターする!」と意気込んで始めてみたものの1月が終わらないうちに挫折してしまった…という経験がありませんか?

 

受験生向け学習ツールの活用

文法事項など基礎から勉強し直すには中学生、高校生向けの勉強ツールを役立ちます。詳しくは下記のサイトをチェックしてみてください。

 

広告