TOEIC新テストに関する情報(対策、勉強法など)

2016年5月からTOEICテストが新形式に

2016年の5月実施回から導入されるTOEICテストの新形式についての情報をまとめています。
何が変わって何が変わらないのか、対策、勉強方法はなど参考にしてみてください。

 

新テストでの変更点はコレ

これまでと同じところ

2016年5月以降のTOEICテストでも下記については同じです。

  • 全部で2時間200問
  • リスニング100問、リーディング100問
  • リスニングが約45分、リーディングが約75分
  • マークシート形式で回答
  • リスニング、リーディングとも5点刻みで5点から495点でスコア化
  • リスニングは、米国、英国、カナダ、オーストラリアの発音で行われる

 

続きはコチラ

 

新形式に対応した勉強法が知りたい方はコチラ

新講座対応TOEIC(R)テスト対策講座好評発売中!

  • 600点、700点、800点コースがあります
  • 800点コースの「挫折しないための7つの習慣」だけでもチェックしてみてください

 

リスニングパートの変更点

2016年5月実施分からは下記のように変更されます。

  • パート1の問題数が10問から6問に減少
  • パート2の問題数が30問から25問に減少
  • パート3の問題数が30問から39問に増加
  • パート3(会話問題)では、一文が短く、やりとりが多い会話が増える
  • 会話と問題用紙に印刷された資料を関連づけて回答する問題が加わる

 

続きはコチラ

 

リーディングパートでの変更点

2016年5月実施分からは下記のように変更されます。

  • パート5の問題数が40問から30問に減少
  • パート6の問題数が12問から16問に増加
  • パート7の問題数が48問から54問に増加
  • パート6で一つの文章に対する設問が3つから4つに増加
  • パート7で3つの文章を読んで回答する問題が追加
  • チャットなど複数の人がやり取りしている文章が追加

 

続きはコチラ

広告