TOEIC関連情報

CEFRは国際的な語学力の評価基準

CEFRとは外国語の語学力を評価する国際的な指標です。Common European Framework of Reference for Languagesの略で、ヨーロッパで作成され、主に欧米で広く使われています。

 

ちなみにCEFRは、セファールと読んだり、単にシーイーエフアールと読んだりします。

 

日本でも2013年からNHKが英語講座のレベルをこのCEFRで表示するようになりました。

 

CEFRは6段階評価

CEFRはA1からC2まで6段階で評価され、A1とA2がBasic User、B1とB2がIndependent User、C1とC2がProfessional Userにカテゴリ分けされます。

 

日本人の感覚からすると逆のように感じますが、A1が一番簡単で、C2が最も難しいレベルです。

  • Basic User(A1、A2)…日常会話で基本的なやりとりができる
  • Independent User(B1、B2)…幅広い話題について自然な会話ができる
  • Professional User(C1、C2)…あらゆる話題について細かい意味の違いまで認識できる

 

TOEICのスコアはリーディング、リスニングそれぞれのスコアに対してCEFRでレベル分けがされています。ただし、最もレベルが高いC2にランク付けされているTOEICスコアはなく、最高でもC1(リスニング490点以上、リーディング455点以上)となっています。

 

CEFRとTOEICスコアの関係
CEFRレベルTOEICリスニングスコアTOEICリーディングスコア
C1490点〜495点455点〜495点
B2400点〜485点385点〜450点
B1275点〜395点275点〜380点
A2110点〜270点115点〜270点
A1 60点〜105点 60点〜105点

 

英語学習の新定番!

オススメ! TOEICもビジネス英会話も、受験リスニング対策も全部これ1つでOK!
人気ゲーム制作会社が考えたドラマ形式レッスンはビジネスにもプライベートにも使える英語が満載!
スタディサプリ ENGLISH まずは無料体験!


広告

セファール(CFER)とTOEICスコアの関係関連ページ

外資系転職で求められるTOEICスコア
外資系への転職する際に有利となるTOEICスコアについてまとめています。現地法人での採用の場合は実践的な英語力が重視されますが、日本法人での採用ではTOEICスコアが重視される傾向にあります。
転職が有利になるTOEICスコアの目安
転職活動のときにTOEICスコアがどのくらいあれば有利なのかを最新のデータをもとに分析しています。転職者に求める英語力は年々上昇傾向にあります。
TOEIC600点、730点で公務員試験が有利に
一定の英語力を持っている人は公務員試験(総合職)の受験が有利になる制度が新たに作られることとなりました。TOEICなど指定の英語資格を保有していれば、合格判定の際に得点が加算されるというものです。
スコア別の受験者割合
TOEICの各スコアが受験者の上位何%にあたるかを50点刻みでまとめています。またスコアを偏差値に換算するとどのくらいかも計算しているので参考にしてみてください。
TOEIC900点以上の有名人、芸能人を調べて分かったこと
ネットなどに公開されている情報をもとにTOEICで900点以上の高得点を取得したことのある有名人、芸能人を調べてみました。結果はコチラ。
TOEIC900点越えの価値はどのくらいか?
TOEIC900点越えというとスゴいイメージがありますが、実際にはどのくらい価値があって、どのように評価されるのかについて、自らの体験をもとにまとめました。意外なとこでオイシイ評価をもらえることもあります。
高校生はTOEICと英検取得のどちらが得か
昔は中学生や高校生が取得する英語の資格と言えば英検と決まっていましたが、最近ではTOEICに挑戦する生徒も増えています。そこで、高校生の場合、TOEICと英検のどちらを取得したほうが得なのか調べてみました。