TOEIC平均スコア

TOEICの平均スコアは570点前後

公式ページに掲載されてたTOEIC受験者のデータから平均スコアを抜粋してまとめました。

 

TOEICの平均スコアは、570点前後でリスニングの方がリーディングよりも50点〜60点高くなっています。(リスニングの平均は310点〜320点、リーディングの平均は260点前後)

 

詳細は下記をご覧下さい。

実施回 平均スコア リスニング平均 リーディング平均

第177回(2013年01月)

570.3

313.8

256.5

第176回(2012年12月)

584.2

320.8

263.4

第175回(2012年11月)

573.7

314.6

259.1

第174回(2012年10月)

589.1

323.7

265.4

第173回(2012年09月)

566.2

310.6

255.6

第172回(2012年07月)

583.8

321.0

262.8

第171回(2012年06月)

578.0

314.9

263.1

第170回(2012年05月)

572.0

313.5

258.5

第169回(2012年03月)

573.4

313.6

259.8

第168回(2012年01月)

567.4

314.7

252.7

 

30代後半の平均スコアは598点

2012年一年間のデータをもとに年代別の平均スコアを見ると、大学生の平均が575点なのに対し、30代後半は598点(リスニング326点、リーディング272点)です。

 

トータルでは23点差ですが、900点以上の人の割合は大学生2%から30代後半4%と2倍になっています。年齢を重ねるにつれ、中間層が出来る人と出来ない分かれているためだと思われます。

 

年代平均スコアリスニング平均リーディング平均900点以上
大学生575点315点260点2%
社会人(20代前半)560点307点252点1%
社会人(20代後半)590点324点266点3%
社会人(30代前半)595点325点270点3%
社会人(30代後半)598点326点272点4%
社会人(40代前半)589点322点267点4%
社会人(40代後半)590点322点267点4%

(データ出所:TOEIC(R)公式サイト「くらべるスコア」)

 

 

↓おすすめTOEIC対策↓

TOEIC平均スコア関連ページ

外資系転職で求められるTOEICスコア
外資系への転職する際に有利となるTOEICスコアについてまとめています。現地法人での採用の場合は実践的な英語力が重視されますが、日本法人での採用ではTOEICスコアが重視される傾向にあります。
転職が有利になるTOEICスコアの目安
転職活動のときにTOEICスコアがどのくらいあれば有利なのかを最新のデータをもとに分析しています。転職者に求める英語力は年々上昇傾向にあります。
TOEIC600点、730点で公務員試験が有利に
一定の英語力を持っている人は公務員試験(総合職)の受験が有利になる制度が新たに作られることとなりました。TOEICなど指定の英語資格を保有していれば、合格判定の際に得点が加算されるというものです。
スコア別の受験者割合
TOEICの各スコアが受験者の上位何%にあたるかを50点刻みでまとめています。またスコアを偏差値に換算するとどのくらいかも計算しているので参考にしてみてください。
セファール(CFER)とTOEICスコアの関係
語学力を評価する国際的な基準CEFR(セファール、シーイーエフアール)についてTOEICスコアとの関係などを中心にまとめています。CEFRはA1からC2まで6段階で評価され、A1とA2がBasic User、B1とB2がIndependent User、C1とC2がProfessional Userにカテゴリ分けされます。
TOEIC900点以上の有名人、芸能人を調べて分かったこと
ネットなどに公開されている情報をもとにTOEICで900点以上の高得点を取得したことのある有名人、芸能人を調べてみました。結果はコチラ。
TOEIC900点越えの価値はどのくらいか?
TOEIC900点越えというとスゴいイメージがありますが、実際にはどのくらい価値があって、どのように評価されるのかについて、自らの体験をもとにまとめました。意外なとこでオイシイ評価をもらえることもあります。
高校生はTOEICと英検取得のどちらが得か
昔は中学生や高校生が取得する英語の資格と言えば英検と決まっていましたが、最近ではTOEICに挑戦する生徒も増えています。そこで、高校生の場合、TOEICと英検のどちらを取得したほうが得なのか調べてみました。