TOEIC900点越えの価値(評価)がどのくらいか実体験を元に記載しています

TOEIC900点越えの価値はどのくらいか?

TOEIC900点越えというとスゴいイメージがありますが、実際にはどのくらい価値があって、どのように評価されるのかについて、自らの体験をもとにまとめました。

 

意外なとこでオイシイ評価をもらえることもあります。
参考にしてみてください。

 

英語がペラペラなわけではない

TOEICのスコア別基準によると900点以上なら、ネイティブ並みの英語力を持っているということになりますが、そんなことはありません。

 

基本的にTOEICはリスニングとリーディングのテストなので、900点越えでも英語を話せないという人は意外といます。

 

さすがに900点あれば、日常会話ぐらいならなんとかなりますが、ペラペラというわけではありません。

 

ただ、それでも900点越えというブランドが効果的に使える状況があります。

 

TOEIC900越えは転職市場で評価される

TOEIC900越えが最も評価されるのは転職市場でです。
これは自分の体験からも間違いありません。

 

「オイシイ」のは、英語力がある人材というだけでなく、優秀な人材に間違いないと評価してもらえることです。

 

なので英語が喋れなくても、履歴書にTOEIC900と書いておくだけで優秀な人材と評価され、転職サイトからもイイ案件を回してもらえます。

 

もちろん年収がイイ外資系の案件も紹介してもらえます。

 

これは800点台と900点台とでは大きく違います。
ブランド力と言ってもイイかもしれません。

 

必ずしも転職先で英語を使わなくてもイイ

高スコアを取ってしまうと英語力を期待されるのではないかと不安になる人もいるかもしれませんが、心配は無用です。

 

実戦的な英語力が求められる転職先もありますが、日常会話ですら使わないという外資系も少なくありません。

 

優秀な人材であることの評価としてTOEICスコアを見ている企業が多いからです。

 

ぜひ、900越えのスコアを取って履歴書に書いてみてください。転職が楽しくなってきます。

↓英語に本気な人だけチェックしてください↓

TOEIC900点越えの価値(評価)はどのくらいか?関連ページ

外資系転職で求められるTOEICスコア
外資系への転職する際に有利となるTOEICスコアについてまとめています。現地法人での採用の場合は実践的な英語力が重視されますが、日本法人での採用ではTOEICスコアが重視される傾向にあります。
転職が有利になるTOEICスコアの目安
転職活動のときにTOEICスコアがどのくらいあれば有利なのかを最新のデータをもとに分析しています。転職者に求める英語力は年々上昇傾向にあります。
TOEIC600点、730点で公務員試験が有利に
一定の英語力を持っている人は公務員試験(総合職)の受験が有利になる制度が新たに作られることとなりました。TOEICなど指定の英語資格を保有していれば、合格判定の際に得点が加算されるというものです。
スコア別の受験者割合
TOEICの各スコアが受験者の上位何%にあたるかを50点刻みでまとめています。またスコアを偏差値に換算するとどのくらいかも計算しているので参考にしてみてください。
セファール(CFER)とTOEICスコアの関係
語学力を評価する国際的な基準CEFR(セファール、シーイーエフアール)についてTOEICスコアとの関係などを中心にまとめています。CEFRはA1からC2まで6段階で評価され、A1とA2がBasic User、B1とB2がIndependent User、C1とC2がProfessional Userにカテゴリ分けされます。
TOEIC900点以上の有名人、芸能人を調べて分かったこと
ネットなどに公開されている情報をもとにTOEICで900点以上の高得点を取得したことのある有名人、芸能人を調べてみました。結果はコチラ。
高校生はTOEICと英検取得のどちらが得か
昔は中学生や高校生が取得する英語の資格と言えば英検と決まっていましたが、最近ではTOEICに挑戦する生徒も増えています。そこで、高校生の場合、TOEICと英検のどちらを取得したほうが得なのか調べてみました。