TOEIC関連情報

転職時にTOEICスコアが重視される

経済のグローバル化によりどの業界でも世界共通語としての英語が重視されるようになってきました。

 

海外に支社がない企業でもネット上で世界を相手に取引することもありますし、日本にいる外国人向けのサービスのために英語が必要になることもあります。

 

このため英語力のある写真が重宝されるようになってきていますが、まだまだ足りないため転職者で補おうとする動きが目立ちます。

 

転職者に求めるTOEICスコアは上昇傾向

第二新卒の採用を積極的におこなっている企業は別ですが、そうでない場合は転職者には即戦力を求めます。この中に英語力も求められるようになっているのが最近の特徴です。

 

2013年に行われた調査(上場企業における英語活用実態調査)によると、転職者に対する入社時のTOEIC期待スコアは710点と2年前(2011年)の600点から大幅に上昇しています。

 

ちなみに新入社員の入社時に期待するTOEICスコアは565点なので、転職者に対しての期待が高いことが分かります。

 

プラス評価で有利になるのは800点以上

710点という数字は全業種での数値ですので、英語を使い機会の多い企業ではこれ以上のスコアが求められると考えて間違いありません。

 

また、あくまで平均値ですので、採用時にプラス評価を受けたいと思うなら、平均以上のスコアが必要になります。900点の大台が理想ですが、最低でも800点は欲しいところです。

 

かなり厳しい水準ですが、この基準を満たしている人は多くないだけに、取ってしまえば転職時に大きなアドバンテージになりそうです。

 

リスニングパートで満点獲得

 

リスニングパートで満点近い成績を取るには英語を英語の語順で理解することが必要です。簡単に聞こえますが、英語の語順で理解するためにどのように勉強すれば良いのかは難しいもの。それを体系化したのが ⇒ TOEICに強いリスニング教材「スーパーエルマー」


↓英語に本気な人だけチェックしてください↓

転職が有利になるTOEICスコアの目安関連ページ

外資系転職で求められるTOEICスコア
外資系への転職する際に有利となるTOEICスコアについてまとめています。現地法人での採用の場合は実践的な英語力が重視されますが、日本法人での採用ではTOEICスコアが重視される傾向にあります。
TOEIC600点、730点で公務員試験が有利に
一定の英語力を持っている人は公務員試験(総合職)の受験が有利になる制度が新たに作られることとなりました。TOEICなど指定の英語資格を保有していれば、合格判定の際に得点が加算されるというものです。
スコア別の受験者割合
TOEICの各スコアが受験者の上位何%にあたるかを50点刻みでまとめています。またスコアを偏差値に換算するとどのくらいかも計算しているので参考にしてみてください。
セファール(CFER)とTOEICスコアの関係
語学力を評価する国際的な基準CEFR(セファール、シーイーエフアール)についてTOEICスコアとの関係などを中心にまとめています。CEFRはA1からC2まで6段階で評価され、A1とA2がBasic User、B1とB2がIndependent User、C1とC2がProfessional Userにカテゴリ分けされます。
TOEIC900点以上の有名人、芸能人を調べて分かったこと
ネットなどに公開されている情報をもとにTOEICで900点以上の高得点を取得したことのある有名人、芸能人を調べてみました。結果はコチラ。
TOEIC900点越えの価値はどのくらいか?
TOEIC900点越えというとスゴいイメージがありますが、実際にはどのくらい価値があって、どのように評価されるのかについて、自らの体験をもとにまとめました。意外なとこでオイシイ評価をもらえることもあります。
高校生はTOEICと英検取得のどちらが得か
昔は中学生や高校生が取得する英語の資格と言えば英検と決まっていましたが、最近ではTOEICに挑戦する生徒も増えています。そこで、高校生の場合、TOEICと英検のどちらを取得したほうが得なのか調べてみました。