TOEICリーディングパートでの時間配分のベストは?

対策本の時間配分が「正解」とは限らない

TOEICはリスニング45分+リーディング75分の合計120分(2時間)のテストです。

 

リスニングでは時間配分を気にする必要はありませんが、リーディングには、しっかりとした時間配分が必要です。

 

TOEICテストは基本的に受験者全員が同じ問題を受けるので、難易度が高いものと低いものが混在しています。

 

後ろの問題が難易度が高いとも限らないので、時間不足で解けない問題があると、実力よりもスコアが低くなってしまいます。

 

このため、リーディングパートでは時間配分が極めて重要です。

 

私は下記の時間配分でテストを受けていました。

  • Part5(40問)…20分(1問30秒)
  • Part6(12問)… 6分(1問30秒)
  • Part7(48問)…48分(1問60秒)
  • 予備1分

実は、この配分にたどり着くまでに試行錯誤しました。

 

最初に対策本を読んだとき、「Part5は1問20秒で」と書いてあったので、
それに従っていたのですが、なかなかスコアが伸びませんでした。

 

対策本の時間はあくまで目安にする

私の場合、1問20秒だと思うと、あせってしまって「ヤマ勘」でマークすることが多くなっていました。そこで、「Part5を1問30秒」にして、確実に解くことにしました。

 

もちろん、Part5を増やした分、他のパートを減らさなければならなかったのですが、
Part7については時間を減らして解いても正解率がそれほど変わりませんでした。

 

一方、Part5は時間を増やした分、正解率が跳ね上がりました!

 

正直、どのパートに何分使うのがベストかは、人により異なります。
(これに気づくのに私は時間が掛かりました。)

 

あまり対策本などに惑わされずに、自分なりのベストの配分を見つけることが大切です。特にリーディングパートが伸び悩んでいる人は、時間配分を見直してみることをオススメします。

 

英語学習の新定番!スタディサプリ ENGLISH

TOEICもビジネス英会話も、そして受験リスニング対策も全部これ1つでOK!
人気ゲーム制作会社が考えたドラマ形式レッスンは、ビジネスにもプライベートにも使える英語が満載!
英語学習の新定番!スタディサプリ ENGLISH

 


広告

TOEICテストでの時間配分のコツ関連ページ

TOEIC900点以上には何時間の勉強が必要か
TOEIC900点以上を取るためにはトータルで何時間の勉強が必要なのかについて自分の経験も含めてまとめてみました。「900点以上なんて何時間勉強してものムリ」なんてことはありません。しっかり勉強時間が確保できれば、たどり着けるゴールです。
どのパートから勉強するのが良いか
TOEICを勉強するのにどのパートから勉強するのが効率が良いかを解説。得点しやすいパートとそうでないパートがあるので、まずは勉強がスコアアップにつながりやすいパートから勉強を始めるのが鉄則です。
スコアアップのために英語力より必要なもの
どうすればTOEICのスコアがアップするかを解説。英語圏でもTOEICスコアが低い人がいるように、英語を話せることとテストの成績は別物です。また、スコアを上げるには、英語力よりも必要なものがあります。
何から勉強すれば良いか
TOEICの勉強で最初にすべきことは過去問を解くことです。また、リーディングパートでは時間との戦いになりますので、普段から制限時間を設けて問題を解く勉強法が効果的です。平日にリーディング試験の75分間も勉強時間が取れない場合の対策も参考にしてみてください。
参考書選びの注意点
TOEICの参考書でのおすすめは、パートに特化した問題集です。特にPart2とPart3については、問題集で問題と選択肢のパターンを覚えることがスコアアップにつながりやすいので、まずはここから始めることが効果的です。
TOEIC900点越えは簡単です
TOEIC900点以上は留学経験などなくても達成可能です。TOEICは問題傾向がはっきりしているので、勉強法さえ間違えなければ高得点を取ることが可能です。