TOEIC900点越えに必要な勉強時間

TOEIC900点以上には何時間の勉強が必要か

TOEIC受験者の上位2%(50人に1人)の人が獲得している900点以上を取るためにはトータルで何時間の勉強が必要なのかについて自分の経験も含めてまとめてみました。

 

TOEIC900点以上を取れる人は、帰国子女だったり何年もの留学経験がある人だけというわけではありません。海外旅行の経験すらない私でも独学で945点を取れました。

 

「900点以上なんて何時間勉強してものムリ」なんてことはありません。
しっかり勉強時間が確保できれば、たどり着けるゴールです。

 

アルクの講座(900点コース)では1日1時間×週5日×6ヶ月

英語教材で定番のアルクの通信講座(挑戦900点 TOEIC(R)テスト攻略プログラム)の標準学習時間は1日1時間×週5日×6ヶ月となっています。

 

これを単純計算すると、トータル130時間
そもそも上級者向けのコースですがこれが900点に必要な勉強時間です。

 

意外と少ないと感じる人が多いのではないでしょうか?
いままでのトータルの英語勉強時間のほうが何倍も多いかもしれません。

 

大事なのはトータルでの勉強時間よりも、短期集中度
これは私の経験からも言えます。

 

短期的に集中することで一気に成績が上がる

TOEIC900点突破までには、個人差はりますがどこかのスコアで壁があります。
ちなみに、私は700点台で足踏みが続き、800点が壁でした。

 

この壁を突破するために必要なのが短期間で集中して勉強すること。
目安は一日平均1時間を土日や休日も含めて1ヶ月続けるぐらい。

 

ただし、土日に一週間分まとめてやるのでは効果がイマイチです。
最低でも一日30分以上勉強したうえでの平均1時間です。

 

これだけ続ければ、壁が突破できます。
私も800点の壁をこれで突破しました。

 

続けるための工夫

1ヶ月続けるといっても、つらいのは最初の1週間だけです。
2週目からは意外と慣れてきてしまうものです。

 

ただ、「飽き」が来ないように教材は2〜3種類用意しておくほうが続けられます。気分が乗らないとき用の簡単な問題集とかを入れておくのがポイントです。

 

一冊の問題集(またはテキスト)を何回も繰り返すというのは確かに実力がつくかもしれませんが、なかなか続けられるものではありません。

 

ペースメーカーとなる教材と気分が乗らないとき用の教材を使い分けるほうが続きます。
下記をチェックしてみてください。

ペースメーカー候補

「TOEIC(R)テスト対策」ならアルク

気分が乗らないとき用候補

テキストいらずの聞くだけ学習 英会話教材【ネイティブイングリッシュ】

 

↓おすすめTOEIC対策↓

TOEIC900点以上には何時間の勉強が必要か関連ページ

TOEICテストでの時間配分のコツ
TOEICの時間配分は参考書や攻略本に載っているものが正しいとは限りません。時間配分は人により異なります。私の場合は、Part5、Part6を1問30秒、Part7を1問60秒で解いていました。
どのパートから勉強するのが良いか
TOEICを勉強するのにどのパートから勉強するのが効率が良いかを解説。得点しやすいパートとそうでないパートがあるので、まずは勉強がスコアアップにつながりやすいパートから勉強を始めるのが鉄則です。
スコアアップのために英語力より必要なもの
どうすればTOEICのスコアがアップするかを解説。英語圏でもTOEICスコアが低い人がいるように、英語を話せることとテストの成績は別物です。また、スコアを上げるには、英語力よりも必要なものがあります。
何から勉強すれば良いか
TOEICの勉強で最初にすべきことは過去問を解くことです。また、リーディングパートでは時間との戦いになりますので、普段から制限時間を設けて問題を解く勉強法が効果的です。平日にリーディング試験の75分間も勉強時間が取れない場合の対策も参考にしてみてください。
参考書選びの注意点
TOEICの参考書でのおすすめは、パートに特化した問題集です。特にPart2とPart3については、問題集で問題と選択肢のパターンを覚えることがスコアアップにつながりやすいので、まずはここから始めることが効果的です。
TOEIC900点越えは簡単です
TOEIC900点以上は留学経験などなくても達成可能です。TOEICは問題傾向がはっきりしているので、勉強法さえ間違えなければ高得点を取ることが可能です。