TOEIC900点を取る勉強法

特定のパートに特化した問題集を優先する

ちょっとした本屋さんでもTOEICコーナーがあるぐらいTOEICの参考書は数多く出版されています。解説が中心の教科書的な本から問題集まで、いろいろな種類があります。

 

私も「攻略本」のようなものも含めて、いろいろと購入しましたが、一番役立つのは問題集です。

 

TOEICは問題パターンが決まっているので、
いかに類似問題を多く解くかがスコアアップに直結します。

 

特にオススメなのは、Part5の文法問題など特定のパートに特化した問題集です。
こうした問題集を使って集中的に勉強するのがスコアアップにつながります。

 

逆に、本番と同じ形式で全パートが掲載されている問題集だと、
どうしてもパートごとの問題量が少なくなってしまいます。

 

また、全パートを解こうと思うと、それなりの時間が掛かります。
このため、まとまった時間が取れるときしか勉強しなくなってしまいます。

 

ちょっとずつでも時間が取れたときに勉強するほうがトータルでの勉強時間も多くなります。
この点でも、ちょっとずつでも勉強しやすいパート別の問題集を使用することをオススメします。

 

特にパート2、パート3がスコアアップには狙い目

この2つのパートは、問題集と類似の問題が本番で出やすいのが特徴です。

 

また、会話のヒアリング問題であるため、問題と選択肢がパターン化されています。
このパターンさえ覚えてしまえば、細部は聞き取れなくても得点に結びつけることが出来ます。

 

一方、Part5の文法問題は解説がしっかりしているものを選ぶことが大切です。
こちらは数をこなすよりも、理屈をしっかり把握することで、本番でも対応できる得点力を身につけることができます。

 

私が実際に使用した参考書のレビューはこちら

TOEIC参考書レビュー


中古本利用の注意

各パートごとの問題集を揃えようと思うと、それなりに費用が掛かります。苦手なパートを何冊か揃えると、負担も大きくなると思います。

 

そんなときは、中古本を積極的に活用してみてください。TOEICの問題集は、最新の本でなければ効果がないということはありません。

 

ただし、問題形式が変わっているので、あまり昔のものは意味がありません。立ち読みなどで中身を調べてから購入するように気をつけてください。(「誤文訂正」の問題が載っているのは古い形式のものです)

 

英語の勉強という意味では古い形式のものでもOKですが、TOEICスコアアップの秘訣はスコアアップに専念することです。

 

回り道となるようなことは、モチベーションを下げることになりますので、注意してください。

↓英語に本気な人だけチェックしてください↓

TOEIC参考書選びの注意点関連ページ

TOEIC900点以上には何時間の勉強が必要か
TOEIC900点以上を取るためにはトータルで何時間の勉強が必要なのかについて自分の経験も含めてまとめてみました。「900点以上なんて何時間勉強してものムリ」なんてことはありません。しっかり勉強時間が確保できれば、たどり着けるゴールです。
TOEICテストでの時間配分のコツ
TOEICの時間配分は参考書や攻略本に載っているものが正しいとは限りません。時間配分は人により異なります。私の場合は、Part5、Part6を1問30秒、Part7を1問60秒で解いていました。
どのパートから勉強するのが良いか
TOEICを勉強するのにどのパートから勉強するのが効率が良いかを解説。得点しやすいパートとそうでないパートがあるので、まずは勉強がスコアアップにつながりやすいパートから勉強を始めるのが鉄則です。
スコアアップのために英語力より必要なもの
どうすればTOEICのスコアがアップするかを解説。英語圏でもTOEICスコアが低い人がいるように、英語を話せることとテストの成績は別物です。また、スコアを上げるには、英語力よりも必要なものがあります。
何から勉強すれば良いか
TOEICの勉強で最初にすべきことは過去問を解くことです。また、リーディングパートでは時間との戦いになりますので、普段から制限時間を設けて問題を解く勉強法が効果的です。平日にリーディング試験の75分間も勉強時間が取れない場合の対策も参考にしてみてください。
TOEIC900点越えは簡単です
TOEIC900点以上は留学経験などなくても達成可能です。TOEICは問題傾向がはっきりしているので、勉強法さえ間違えなければ高得点を取ることが可能です。