TOEIC900点越えのためのスコアアップ戦略

TOEIC900点に英語のセンスは不要

TOEIC900点オーバーと聞くとどんな人を想像するでしょうか。
帰国子女、留学経験がある人、仕事で英語を使いこなしている人…だけではありません。

 

私は留学経験などないのですがTOEICスコアは945点(リスニング485点、リーディング460点)です。また勉強が得意だったわけでも、英語が好きだったわけでもありません。

 

 

仕事上で必要となったために渋々、英語の勉強を始めたというのが実情です。
そんな状態なので、最初の試験のスコアは400点台だったような気がします。

 

これは本格的に勉強しなくてはまずいと思い色々な勉強法を試しました。

  • 「語学は習うより慣れろ」
  • 「単語を暗記すればOK」
  • 「英語の語順のまま訳す」
  • 「簡単な英文を暗記する」
  • 「映画を字幕なしで観る」

数々の勉強法を試す中で、英語の勉強としては正しくても、TOEICのスコアアップにはつながりにくいものがあることに気がつきました。

 

このことに気がついてTOEICの勉強に絞ったところスコアが一気に伸びました。
スコアが伸びるとやる気もアップします。気がついたらTOEIC900点を超えていました。

 

自分なりのTOEIC勉強法さえ確立できれば900点を超えることは簡単です。

 

スコアアップが何よりのモチベーション

仕事から疲れて帰ってきて、机に向かうのにはモチベーションが必要です。
ただ、頑張っているのにスコアが伸びないとモチベーションが落ちてきます。

 

スコアアップは何よりも「やる気」にさせてくれる源です。
そのためには、効果的な勉強法を見つけることが大切です。

 

このサイトでは効果があった方法だけでなく、効果がなかった方法も紹介していますので、
ぜひ自分なりのTOEIC勉強法を探す参考にしてみてください。

 

TOEICリスニング満点者が続出

 

英語を返り読みしないで英語の語順のままで理解するというのは頭では分かっても、実際にどのように勉強すればよいかが分からないもの。これを「Hop,Skip&Jump」「ハイパー・スピード」といったメソッドで体系化したのがスーパーエルマーです。
詳しくはコチラでチェック ⇒ TOEICに強いリスニング教材「スーパーエルマー」

↓英語に本気な人だけチェックしてください↓

TOEIC900点越えは簡単です関連ページ

TOEIC900点以上には何時間の勉強が必要か
TOEIC900点以上を取るためにはトータルで何時間の勉強が必要なのかについて自分の経験も含めてまとめてみました。「900点以上なんて何時間勉強してものムリ」なんてことはありません。しっかり勉強時間が確保できれば、たどり着けるゴールです。
TOEICテストでの時間配分のコツ
TOEICの時間配分は参考書や攻略本に載っているものが正しいとは限りません。時間配分は人により異なります。私の場合は、Part5、Part6を1問30秒、Part7を1問60秒で解いていました。
どのパートから勉強するのが良いか
TOEICを勉強するのにどのパートから勉強するのが効率が良いかを解説。得点しやすいパートとそうでないパートがあるので、まずは勉強がスコアアップにつながりやすいパートから勉強を始めるのが鉄則です。
スコアアップのために英語力より必要なもの
どうすればTOEICのスコアがアップするかを解説。英語圏でもTOEICスコアが低い人がいるように、英語を話せることとテストの成績は別物です。また、スコアを上げるには、英語力よりも必要なものがあります。
何から勉強すれば良いか
TOEICの勉強で最初にすべきことは過去問を解くことです。また、リーディングパートでは時間との戦いになりますので、普段から制限時間を設けて問題を解く勉強法が効果的です。平日にリーディング試験の75分間も勉強時間が取れない場合の対策も参考にしてみてください。
参考書選びの注意点
TOEICの参考書でのおすすめは、パートに特化した問題集です。特にPart2とPart3については、問題集で問題と選択肢のパターンを覚えることがスコアアップにつながりやすいので、まずはここから始めることが効果的です。