TOEICハイスコア向け勉強法

900点以上を目指すなら

TOEICリスニング満点者が続出

 

英語を返り読みしないで英語の語順のままで理解するというのは頭では分かっても、実際にどのように勉強すればよいかが分からないもの。これを「Hop,Skip&Jump」「ハイパー・スピード」といったメソッドで体系化したのがスーパーエルマーです。
詳しくはコチラでチェック ⇒ TOEICに強いリスニング教材「スーパーエルマー」

 

800点の壁を感じているなら勉強法の見直しが必要

700点以上なら、ある程度は英語が出来る方だと思います。

 

ただ「成績が頭打ち」「勉強法に行き詰まっている」といった状況ではないでしょうか?

 

私も700点台の時期が続きました。なかなか800点のカベを越えられず、このあたりが限界なのかと思っていました。

 

この段階でのオススメのTOEIC勉強法TOEIC SWの受験です。TOEIC SWとはスピーキングとライティングです。

 

何が良いかというと、「話すことで聞ける単語が増える」「書くことで読める単語が増える」ということ。
行き詰まりの打破になります。

 

TOEIC SWのメリット

スピーキングとライティングの試験は英検やTOEFLなど他にもありますが、TOEICのスコアを上げるための勉強法としては、TOEIC SWが一番です。

 

同じTOEICだけに、似たような単語似たような構文似たようなシチュエーションが出題されます。そのため、SWで勉強したものが、そのまま通常のTOEICに活かせます。

 

英検など他の試験では、TOEIC SWほど通常のTOEICに活かせるものはありません。

 

どのような問題かはSWスピーキング問題概要SWライティング問題概要にまとめていますので参考にしてみてください。【参考記事】TOEIC勉強法(効果あり編)「TOEIC SWの活用」

 

遠回りのように感じるかもしれませんが、私自身この方法で800点の壁を越えることができました。700点台で限界を感じていたので、気分転換を兼ねてSWを受験してみたのですが、TOEICのスコアップに役立ちました。

 

あくまで通常のTOEICスコアを上げることが目的でSWを受験するので参考書は公式問題集一冊で充分(amazon TOEICスピーキングテスト/ライティングテスト公式ガイド)。あまりお金がかからないのもメリットです。

 

また、SWを受けることで、通常のTOEICが簡単に思えることも、ちょっとしたメリットです。
(「話す書く」ほうが「読む聞く」よりも難しいので。)

 

アルク900点コースは品切れになることが多い人気のコースです


 

TOEIC700点未満の方の勉強法はこちら

700点未満の人の勉強法

↓英語に本気な人だけチェックしてください↓

TOEIC700点以上の人のTOEIC勉強法関連ページ

リスニングで高得点を取るための勉強法
TOEICのリスニングパートで高得点を取るためには、英語を英語の語順のまま理解する力が必要です。頭の中で日本語に置き換えているようではPart3やPart4で問題が流れるペースについていけなくなります。
時間切れで全問回答できない場合の勉強法
TOEICのリーディングパート(特にPart7)で時間切れになってしまい全問回答できない場合の勉強方法を紹介。TOEICは問題量が多いため、普通に解いていたのでは時間が足りなくなってしまいます。
700点未満の人の勉強法
TOEICスコア400点以上700点未満の人と400点未満の人のTOEIC勉強法を紹介。おすすめの教材や管理人(TOEICスコア945点)の経験をもとに勉強方法を紹介しています。