TOEIC SW スピーキング問題

スピーキング試験は全11問で約20分

TOEIC SWでは、問題はすべて一人ずつに割り当てられたパソコンに表示されます。
音声はヘッドフォンをつけて聞き取ります。

 

スピーキングであれば、画面の指示に従い、マイクに回答を吹き込むことで試験が進みます。
通常のTOEICと同様に出題パターンは決まっているので、同じような問題が出題されます。

 

最初の試験で問題形式が分からないと戸惑うこともあると思いますので、どんな問題が出るかをまとめましたので参考にしてみてください。

 

TOEIC SW スピーキングの問題概要

問題番号 試験内容 回答時間 準備時間
Q1〜Q2 音読問題 45秒 45秒
Q3 写真描写問題 45秒 30秒
Q4〜Q6 応答問題 15秒または30秒 なし
Q7〜Q9 資料に基づいた応答問題 15秒または30秒 なし
Q10 解決策を提案する問題 60秒 30秒
Q11 意見を述べる問題 60秒 15秒

 

TOEIC SW スピーキングの問題の詳細

音読問題
  • パソコン画面上に表示された英文を音読する
  • 英文はコマーシャルや商業施設でのアナウンス文など
  • 事前に英文に目を通す準備時間が45秒ある
写真描写問題
  • パソコン画面上に表示された写真の内容を説明する
  • 「どこに、どんな人がいて、何をしている」などを回答する
  • 事前に写真を見て考える準備時間が30秒ある
応答問題
  • 状況が提示されて、それに合わせた質問に答える
  • 状況は「電話でアンケートに答えている」など
  • 準備時間はなく、質問に直ぐに回答する必要がある
資料に基づいた応答問題
  • 画面上に表示された資料をもとに質問に回答する
  • 会議の資料が表示されて、「会議の何時から始まるか?」などの質問
  • 資料に目を通す準備時間が30秒ある
解決策を提案する問題
  • メッセージを聞いた上で、解決策を回答する
  • 留守番電話に録音された同僚からの相談に回答する問題など
  • 準備時間が30秒ある
意見を述べる問題
  • 与えられたテーマに対して自分の意見を述べる
  • 仕事についての考え方などについて自分の意見を60秒話す必要がある
  • 準備時間が15秒ある

TOEIC対策イチオシ

  • 中学レベルからハイスコア対策まで対応
  • 人気の関正生講師の解説動画を140本も収録!
  • 本番に近い「実戦問題集」は、PART1〜PART7全てに対応して毎月200問追加!

TOEIC SWのスピーキング問題概要関連ページ

TOEICとの違い
TOEICとTOEIC SWの違いはテスト内容です。通常のTOEICが、「聞く力、読む力」をテストするのに対し、TOEIC SWは「話す力、書く力」をチェックする試験となっています。また試験形式もSWは独特で、通常のTOEICが全問マークシートなのに対し、SWではヘッドフォンをつけてパソコンに向かい回答します。
SW試験概要
TOEIC SWはスピーキングとライティングのテストとなるため通常のTOEICとは試験方法や試験時間が異なります。また、結果のスコアも10点刻みの400点満点(スピーキング200点、ライティング200点)です。参考までに試験後に郵送されてくるTOEIC SWスコア結果も掲載しています。
ライティング問題概要
TOEIC SWのライティング問題は全部で8問あり合計で約60分です。試験を受けた時の体験談をもとに、どんな問題が出るかをまとめました。これからTOEIC SWを受けようと思っている人は試験前に参考にしてみてください。