TOEIC SW ライティング問題

ライティング試験は全8問で約60分

TOEIC SWのライティング問題文は、すべてパソコン上に表示され、キーボードを使って英語を打ち込んで回答します。出題パターンは決まっていて、毎回、同じ形式の問題が出題されます。

 

全8問ですが、問題パターンは3つです。
このため対策が立てやすくなっています。

 

ただし、相当量の英文を書かないといけない問題もあるので大変です
以下に問題内容をまとめましたので参考にしてみてください。

 

TOEIC SW ライティングの問題概要

問題番号 試験内容 回答時間
Q1〜Q5 写真描写問題 5問で8分
Q6〜Q7 Eメール作成問題 1問10分
Q8 エッセイ作成問題 1問30分

 

TOEIC SW ライティング問題の詳細

写真描写問題
  • 画面に表示された写真の内容にあう文を記述する
  • 指定された2つの単語を使わなければならない
  • 1文で良い(2文以上書いても採点されない)
  • 採点基準は「文法的に正しい」「指定された単語を使用」「写真の内容に合致」
  • 文を長くしても加点対象とはならない
Eメール作成問題
  • 画面上の指示に従ってEメールを作成する
  • Eメールを読んで、指示に従って返信を書く
  • 採点基準は「文章の質と多様性」「語彙」「構成」
  • ポイントは単なる返信ではなく、課題の指示に従った返信であること
  • 必ずしも長文が高得点となるわけではない
エッセイ作成問題
  • 提示されたテーマに対して自分の意見を書く
  • 理由や例を挙げて意見を述べる必要がある
  • 採点基準は「理由や例を挙げているか」「文法」「語彙」「構成」
  • 300ワード以上で書くのが目安
  • TOEIC SWテスト最大の難関

 

SWライティングの勉強の王道は

TOEIC SW のライティングの勉強で大切なのは、とにかく書いて添削してもらうこと。
自分で書いて、誰かに見てもらわないと勉強になりません。

 

気軽に添削を始めるならコレがオススメ ⇒ 166円からのオンライン英語添削[アイディー]

 

↓おすすめTOEIC対策↓

TOEIC SWのライティング問題概要関連ページ

TOEICとの違い
TOEICとTOEIC SWの違いはテスト内容です。通常のTOEICが、「聞く力、読む力」をテストするのに対し、TOEIC SWは「話す力、書く力」をチェックする試験となっています。また試験形式もSWは独特で、通常のTOEICが全問マークシートなのに対し、SWではヘッドフォンをつけてパソコンに向かい回答します。
SW試験概要
TOEIC SWはスピーキングとライティングのテストとなるため通常のTOEICとは試験方法や試験時間が異なります。また、結果のスコアも10点刻みの400点満点(スピーキング200点、ライティング200点)です。参考までに試験後に郵送されてくるTOEIC SWスコア結果も掲載しています。
スピーキング問題概要
TOEIC SWのスピーキング問題は全部で11問あり約20分です。一度も試験を受けたことがない人にとっては問題形式が分からないと戸惑うこともあると思いますので、どんな問題が出るかをまとめました。試験前に参考にしてみてください。