TOEIC900点以上に役立った勉強法を紹介

TOEIC SWテストの勉強がTOEICスコアアップにつながる

これは、TOEICスコアが700点を超えるようになって、
800点の壁をなかなか超えられなかったときに、試して効果のあった勉強方法です。

 

その方法とは、TOEIC SWの試験を受けることです。

 

「SW」は「Speaking(話す)」と「Writing(書く)」の意味です。

 

通常のTOEICは、リスニングとリーディングの「受身」の能力を測定するものです。
一方、TOEIC SWは、「話す、書く」といった英語の「アウトプット力」を測定する目的で開発されました。

 

試験はパソコン画面上で行われ、マイクに向かって話したり、英作文を打ち込んで解答します。
ちなみに、TOEIC SWは、それぞれ200点満点です。(結果はこんな感じで返却されます。)
TOEIC SW結果

 

書く、話すといったアウトプットには、正確な知識が必要になります。
フレーズなどを正確に覚えておかないと、英作文は作れませんし、話せません。

 

細かい部分も正確に覚える訓練として、TOEIC SWテストを受けることは効果を発揮します。

 

TOEIC スコアが700点を取れるぐらいだと、「おおむね話している内容は理解できる」が「細かい部分を聞かれたときに弱い」ことが多いと思います。

 

SW受験で確実な知識が身に付く

また、TOEICスコア700点から800点へは
「知らないことを覚えるのではなくて、知っていることを正確に覚える」ことが重要です。

 

難しい問題集に手を出して、新しい知識を増やしても、思ったほどスコアは伸びません。
この段階でのスコアアップには、新しい知識を身につけるのではなく、確実な知識を身につけることが必要です。

 

ただし、「確実な知識を身につけよう」と思うだけでは不十分です。
知識が確実に身についているか確認する方法が必要です。

 

この点で、TOEIC SWテストを受けることが効果的です。

 

さらに、SWを受けると、ちょっとした「ご褒美」もあります。
それは「通常のTOEICが簡単に感じられる」ということです。

 

ある程度の得点で伸び悩んでいる場合は、一度、SWを受けてみてください。

 

TOEIC SW参考書籍

TOEICスピーキングテスト/ライティングテスト公式ガイド TOEIC(R) テスト スピーキング/ライティング問題集

※左側の公式ガイド1冊で十分だと思いますが、もっと勉強したいという人には右側の問題集もオススメです。(どちらもAmazonのリンクになっています。)

↓おすすめTOEIC対策↓

TOEIC SWの活用(効果があったTOEIC900越え勉強法)関連ページ

NHKニュースの活用
いろいろ試したTOEIC勉強方法のなかでスコアアップに効果のあった方法NHKニュース(TV)の活用方法を紹介しています。無料で試せる方法なので参考にしてみてください。
リスニング問題を書く
TOEICのリスニング問題(Part3とPart4)でのスコアアップに効果があった勉強方法を紹介しています。ストレスなく続けられる点もこの勉強法のメリットです。