TOEIC SW概要

TOEIC SW試験の概要

TOEIC SWは試験方法、試験時間、結果のスコアなどが通常のTOEICとは異なります。
下記にTOEIC SWの概要をまとめましたので参考にしてみてください。

 

試験方法
  • パソコンとヘッドフォンを用いて実施
  • 画面上とヘッドフォンから問題が出題される
  • マイクに向かって話したり、パソコンに英文を打ち込んで回答する
試験時間
  • 合計で約80分
  • スピーキング 約20分、ライティング 約60分
  • スピーキング後にライティングが始まる
テスト結果
  • 400点満点で、スピーキング、ライティングそれぞれ200点満点
  • 10点刻みで採点される
  • 評価は「スコア」「レベル別評価」「発音」「イントネーションとアクセント」の4種類

 

TOEIC SWスコア表(これがテスト後に郵送されてきます)

TOEIC SWスコア
一番上には、スピーキングとライティングのスコアが表示されます。
それぞれ200点満点で10点刻みで採点されています。

 

その下にスコアに応じたレベルが表示されます。
レベルはスピーキングは8段階、ライティングは9段階で表示されます。

スピーキングスコア スピーキングレベル ライティングスコア ライティングレベル

0〜30

1

0〜30

1

40〜50

2

40

1

60〜70

3

50〜60

3

80〜100

4

70〜80

4

110〜120

5

90〜100

5

130〜150

6

110〜130

6

160〜180

7

140〜160

7

190〜200

8

170〜190

8

-

-

200

9

 

また、スピーキングの下には「発音、イントネーション」についてのレベルが3段階(HIGH,MEDIUM,LOW)で記載されます。

 

SWライティングの勉強の王道はコレ

TOEIC SW のライティングの勉強で大切なのは、とにかく書いて添削してもらうこと。
自分で書いて、誰かに見てもらわないと勉強になりません。

 

気軽に添削を始めるならコレがオススメ ⇒ 166円からのオンライン英語添削[アイディー]

 

TOEIC対策イチオシ

  • 中学レベルからハイスコア対策まで対応
  • 人気の関正生講師の解説動画を140本も収録!
  • 本番に近い「実戦問題集」は、PART1〜PART7全てに対応して毎月200問追加!

TOEIC SW試験の概要関連ページ

TOEICとの違い
TOEICとTOEIC SWの違いはテスト内容です。通常のTOEICが、「聞く力、読む力」をテストするのに対し、TOEIC SWは「話す力、書く力」をチェックする試験となっています。また試験形式もSWは独特で、通常のTOEICが全問マークシートなのに対し、SWではヘッドフォンをつけてパソコンに向かい回答します。
スピーキング問題概要
TOEIC SWのスピーキング問題は全部で11問あり約20分です。一度も試験を受けたことがない人にとっては問題形式が分からないと戸惑うこともあると思いますので、どんな問題が出るかをまとめました。試験前に参考にしてみてください。
ライティング問題概要
TOEIC SWのライティング問題は全部で8問あり合計で約60分です。試験を受けた時の体験談をもとに、どんな問題が出るかをまとめました。これからTOEIC SWを受けようと思っている人は試験前に参考にしてみてください。