TOEIC SW概要

SWはスピーキング力とライティング力を測るTOEIC試験

TOEICとTOEIC SWどちらも英語力を測る試験であることは同じですが、試験内容が異なります。

 

通常のTOEICが「聞く力、読む力」をテストするのに対し、TOEIC SW は「話す力書く力」を測る試験となっています。ちなみに「SW」はSpeakingとWritingの略です。

 

別の言い方をすると、通常のTOEICが「英語でのインプット力」を測るのに対し、SWは「英語でのアウトプット力」を測るテストです。

 

一般的に、インプットよりもアウトプットの方が難しいので、試験問題もSWの方が難しく感じます。

 

私も初めて問題を見たときは、すごく難しく感じました。

 

試験形式もSWはTOEICと異なる

また、試験形式もSWは独特 です。通常のTOEICが全問マークシートなのに対し、SWではヘッドフォンをつけてパソコンに向かい回答します。

 

スピーキングテストはマイクに向かって話し、ライティングではパソコンに回答を打ち込む形式になっています。最初は戸惑いますが、難しいパソコンの操作は不要なので、すぐに慣れます。

 

TOEI C700点以上なら積極的に受けたい

レベル的にはTOEIC700点以上の人が挑戦するのが丁度よいぐらい。スコアが低い段階で「SW」に挑戦しても、難しく感じすぎて英語の勉強をする気がなくなってしまう恐れがあります。

 

逆に、通常のTOEICである程度の高得点が取れるようになったのであれば、積極的に受けてみることをオススメします。

 

私は700点台後半でスコアが伸び悩んでいた時にSWを初めて受けたのですが、これをきっかけに通常のTOEICで800点の壁を超えることができました。

 

TOEICとTOEIC SWの違い一覧

項目 TOEIC TOEIC SW
試験対象 英語でのインプット力 英語でのアウトプット力
試験問題 リスニングとリーディング スピーキングとライティング
回答形式 マークシート PCに声を録音、文章を入力
試験時間 120分 約80分
リスニング 45分 スピーキング 約20分
リーディング 75分 ライティング 約60分
問題数 リスニング 100問 スピーキング 11問
リーディング 100問 ライティング 8問
スコア 10〜990点 0〜400点
リスニング 495点満点 スピーキング 200点満点
リーディング 495点満点 ライティング 200点満点
レベル 初心者から上級者まで TOEIC700点以上からが目安

 

SWライティングの勉強の王道は

TOEIC SW のライティングの勉強で大切なのは、とにかく書いて添削してもらうこと。
自分で書いて、誰かに見てもらわないと勉強になりません。

 

気軽に添削を始めるならコレがオススメ ⇒ 166円からのオンライン英語添削[アイディー]

 

↓おすすめTOEIC対策↓

TOEICとTOEIC SWの違い関連ページ

SW試験概要
TOEIC SWはスピーキングとライティングのテストとなるため通常のTOEICとは試験方法や試験時間が異なります。また、結果のスコアも10点刻みの400点満点(スピーキング200点、ライティング200点)です。参考までに試験後に郵送されてくるTOEIC SWスコア結果も掲載しています。
スピーキング問題概要
TOEIC SWのスピーキング問題は全部で11問あり約20分です。一度も試験を受けたことがない人にとっては問題形式が分からないと戸惑うこともあると思いますので、どんな問題が出るかをまとめました。試験前に参考にしてみてください。
ライティング問題概要
TOEIC SWのライティング問題は全部で8問あり合計で約60分です。試験を受けた時の体験談をもとに、どんな問題が出るかをまとめました。これからTOEIC SWを受けようと思っている人は試験前に参考にしてみてください。