TOEIC900点越えに役立つビジネス英語向け教材について

TOEIC900点越えを目指すビジネス英語教材

TOEICテストではビジネスの現場で使われる英語が数多く出題されます。Eメールに関連した問題や社内文書のようなものもパート7ではよく見かけます。

 

このため社会人にとってはTOEICの勉強とビジネスの現場で使う英語が一緒に学べるのがメリットでもあります。

 

そこでビジネス英語に特化した教材を紹介したいと思います。

 

GlobalEnglish 日経版

ビジネス英語の特化して開発された教材が「GlobalEnglish 日経版」です。

 

日本経済新聞社とイギリスの教育企業として評判のピアソン社が共同開発したもので、実際のビジネスシーンを題材としています。

 

学べるのは、「読む・書く・聞く・話す」の4分野。
レベルも初級者から上級者まで11段階に分かれています。

 

TOEIC対策になるだけでなく、実際に使える英語も身につくと好評です。

 

実際に使うことで知識が身につく

外資系などで働いていて職場でも普段から英語が使われることが多い人は、これで勉強したことが翌日から使えます。

 

実際に使ってみることで、自分の知識として身につくものです。

 

発音チェック英会話レッスンも含まれているので、より実践的な内容が学べます。

 

で、ビジネス英語が多いTOEIC対策にもなるというスグレモノ。

 

TOEIC900点以上+使える英語を身につけたいという人にオススメです。

 

詳しくは下記から公式サイトでチェックしてみてください。


TOEIC対策イチオシ

  • 中学レベルからハイスコア対策まで対応
  • 人気の関正生講師の解説動画を140本も収録!
  • 本番に近い「実戦問題集」は、PART1〜PART7全てに対応して毎月200問追加!

TOEIC900点越えを目指すビジネス英語の勉強方法関連ページ

ネイティブイングリッシュの内容をチェック
聞き流し英会話教材の中で評判のネイティブイングリッシュの内容をチェックしてみました。英会話教材ランキングでは1位になってるようですが、それだけではわからないですよね。
アルクTOEIC900点コース申込前の確認点
TOEICの教材は書店やネットなどにたくさんありますが目標スコア900点以上の高得点向けとなると数が限られてしまいます。そこでTOEIC教材で定評のあるアルクのTOEIC900点コースの内容について調べてみました
ヒアリングマラソンの1日の勉強時間
アルクの1000時間ヒアリングマラソンをサラリーマンなどが働きながらでも続けられるのかについて計算してみました。一日あたりの勉強時間がどのくらい必要なのかや現実的に続けられるのかなど。英語教材の顧客満足度調査ではTOEICの高得点者(800点以上)から高い評価を得ている教材だけに気になりますよね。
スタディサプリ英語のTOEICスコアアップに効果的な使い方
スタディサプリ英語では日常会話なども勉強できますが、ここではTOEICのスコアアップに特化した使い方について紹介してみたいと思います。社会人を対象としているため、日常会話、ビジネス英会話、TOEIC対策にも対応しています。
ネイティブイングリッシュの評判を読み解く
ネイティブイングリッシュに限らず英語教材の体験談や評判には夢のような話があふれてますよね。「聞き流すだけで英語がペラペラに」みたいな。そんな夢のようなことが起きるのはどんな人なのかについて調べてみました。