TOEIC900点越えに役立つ教材のレビューを掲載

アルクTOEIC900点コース申込前にチェックしたいこと

TOEICの教材は書店やネットなどにたくさんありますが目標スコア900点以上の高得点向けとなると数が限られてしまいます。

 

また、900点以上向けのものはあったとしても難問奇問を集めたような問題集だったりして、実践的ではありません。

 

実際の試験では、難問は出題数が少ないので、中レベルの問題をいかに確実に正解するかが高得点のカギ。そのためには、難易度のバランスが良い教材が必要です。

 

TOEIC教材で定評のあるアルクのTOEIC900点コースが候補のひとつです。
アルクのサイトでもTOEIC関連講座の中で人気上位にランキングされています。

 

そこで、アルクTOEIC900点コースの内容をチェックしてみました。

 

1日60分×週5日が標準勉強時間

アルクの教材には標準の勉強時間というものが設定されています。
900点コースだと1日60分×週5日。最難関だけにほかのコースよりも長くなっています。

 

仕事をしているとなると、勉強時間の確保が必要です。週5日なので平日だけでOKなのですが、疲れて出来ない日があると土日にカバーする必要があります。

 

アルク900点コースを使った人の口コミでは朝の時間を活用したという体験談もありました。朝のほうが集中できるので内容も身につくとのメリットもあるようです。

 

ほかの教材は必要か

TOEICで900点以上を目指すとなると、本格的な英語の勉強が必要です。
そこで気になるのはいくつも教材を使用したほうがいいのかということ。

 

確かに、会話力、スピーキング力、ライティング力など英語の総合力を上げるには他の教材も必要です。ただし、アレもコレもで900点を突破するのは極めて困難です。

 

それよりも、まずは900点突破だけを目標として、それ以外の勉強はしないぐらいのほうが効果的です。一点突破のほうが目標達成は早くなります。

 

そのためには、アルクの900点コースだけに絞って十分。問題量も豊富ですし、TOEIC対策が練られているので繰り返し使用することで得点力が身につきます。

 

標準勉強期間は6ヶ月に設定されているので、半年はこれ一本という気持ちで勉強してみてください。 ⇒ 挑戦900点 TOEIC(R)テスト攻略プログラム

 

↓おすすめTOEIC対策↓

アルクTOEIC900点コース申込前にチェックしたいこと関連ページ

ネイティブイングリッシュの内容をチェック
聞き流し英会話教材の中で評判のネイティブイングリッシュの内容をチェックしてみました。英会話教材ランキングでは1位になってるようですが、それだけではわからないですよね。
ヒアリングマラソンの1日の勉強時間
アルクの1000時間ヒアリングマラソンをサラリーマンなどが働きながらでも続けられるのかについて計算してみました。一日あたりの勉強時間がどのくらい必要なのかや現実的に続けられるのかなど。英語教材の顧客満足度調査ではTOEICの高得点者(800点以上)から高い評価を得ている教材だけに気になりますよね。
スタディサプリ英語のTOEICスコアアップに効果的な使い方
スタディサプリ英語では日常会話なども勉強できますが、ここではTOEICのスコアアップに特化した使い方について紹介してみたいと思います。社会人を対象としているため、日常会話、ビジネス英会話、TOEIC対策にも対応しています。
ネイティブイングリッシュの評判を読み解く
ネイティブイングリッシュに限らず英語教材の体験談や評判には夢のような話があふれてますよね。「聞き流すだけで英語がペラペラに」みたいな。そんな夢のようなことが起きるのはどんな人なのかについて調べてみました。