TOEICで900点を越えるための状況別勉強法

すき間時間にはPart2、Part5の勉強が効率的

サラリーマンの場合、平日はなかなか勉強の時間が取れないものです。

 

ただし、TOEICの勉強であれば、まとまった時間を取る必要がありません。

 

通勤時間や昼休みなどの「すき間時間」でもスマホなどを使って勉強することができます。

 

仮に5分程度だとしても、続けることで効果的なものになります。

 

こうした「すき間時間」での勉強には、Part2とPart5の対策が最適です。

 

パート2対策の勉強

TOEICのPart2は、リスニング問題です。
質問文に対し3つの選択肢の中から適した回答を選ぶ形式になっています。

 

Part2対策としては、「過去問をiPodなどに保存し、解くつもりで繰り返し聞く」ことが有効です。質問文と選択肢を覚えてしまうくらい、繰り返し聞く必要があります。

 

TOEICのPart2は、過去問の類似問題が出題されることが多いことが特徴です。
そのため、この勉強方法は、スコアアップに非常に効果的でした。(私の体験談です。)

 

また、1問が短いので、すき間時間の勉強にも適しています。
聞くだけですので、通勤時間にも勉強できることも利点です。

 

パート5対策の勉強

TOEICのPart5も、すき間時間での勉強に適しています。
こちらはリーディングの問題です。

 

文法や語彙が中心で問題文の空欄に当てはまる選択肢を選ぶ形式の問題です。

 

Part5対策としては、「理屈を把握する」ことが大切です。「理屈を把握する」とは、「この位置におけるのは形容詞だから、選択肢から形容詞を選ぶ」といったことです。

 

この勉強には、問題を解いた後に、しっかりとした解説を読んで覚えることが必要です。
ただし、一度では誰も覚えられません。

 

そこで、復習をすき間時間での勉強にあてることが効果的です。iPhoneなどには、Part5の問題を一問一答形式でチェックできる問題集があります。

 

まとまった時間が取れたときに、問題を解いて理屈を把握する必要があります。その上で、復習目的で、すき間時間に勉強するのが効果的です。

 

いずれも、私自身が試して効果があった方法です。
参考にしてみてください。

 

 

すき間時間向けのTOEICネット教材

アゴスTOEICパワーアップ ← 詳しくはコチラ
  • ビデオ講義で攻略法を学んでから演習問題という構成なのでTOEICスコアを上げるための実践的なテスト解答力が身に付く。
  • ビデオ講義スマホタブレット端末から見られるので、スキマ時間の勉強にも便利。
  • スコア600点以上を目指す人向けと730点以上を目指す人向けの2コースあり。

 


↓おすすめTOEIC対策↓

すき間時間での勉強でTOEIC900点を越える関連ページ

仕事で疲れているとき
仕事で疲れているときでも出来るTOEIC勉強法を紹介しています。TOEICに限らず勉強は継続することが何より大切。ただ、分かってはいても仕事で疲れていると勉強できないですよね。
土日など時間があるとき
社会人が平日勤務の場合、土日に優先的にすべきTOEICの勉強方法を紹介しています。平日勤務のサラリーマンの場合、土日にいかに効果的に勉強するかがTOEIC900点越えには重要です。まとまった時間が取れる休日だからこそ、勉強の中身を大切にする必要があります。
TOEIC対策動画の選び方で気をつけたいポイント
スマホなどでも見ることが出来るTOEIC対策の動画が増えていますが選ぶときには気をつけたいことがあります。YouTubeなどでも無料のTOEIC対策講義が増えていますが、どうしても当たり外れがあるものです…
三ヶ月後にTOEIC900点を取るための勉強法
三ヶ月後にTOEIC900点を取るための勉強法を紹介しています。どんなことでも、一つのことに集中できる期間には限度があります。この目安がだいたい3ヵ月。それ以上だと飽きてきてしまいます。
高校英語から勉強し直すのに役立つのはコレ
TOEICのスコアが伸び悩んでいるときにやっておきたいのが高校英語からの勉強のし直しです。社会人になってから勉強し直すと意外な発見があったり、忘れていることも少なくありません。ただ、困るのはその方法ですよね。
TOEICスコアが伸び悩んでるときの勉強法
自らの体験をもとにTOEICスコアが伸び悩んでるときにオススメの勉強法を紹介したいと思います。TOEICを受け続けていると伸び悩みの時期は誰にでも来るものです。「これが限界か」なんて思わず、勉強法を変えてみてください。伸び悩みの壁を突破したときの爽快感は最高です。