TOEICの成績がスランプなときの勉強法を紹介

TOEICの成績がスランプなときの勉強法

TOEICの成績(スコア)の伸びがスランプ状態になってしまうことは誰にでも起こりえます。

 

私も何度かそうした状態になったことがありました。そのときに効果的だったスランプ脱出法を紹介したいと思いますので、参考にしてみてください。

 

ホントに「スランプ」なのかを確認する

まず最初に確認しておきたいのはホントにスランプ状態なのかということです。
スランプというのは、勉強しているのにTOEICスコアが上がらない状態のこと。

 

勉強してないから成績が上がらないのは当たり前です。
ホントに勉強してると言えるでしょうか?

 

さすがにまったく勉強していないということはないと思います。
では、勉強時間は週に何時間ぐらいでしょうか?

 

これにサッと答えられないようでは、勉強時間が不十分なことが考えられます。
私もそうでした。

 

仕事が忙しいときなど、家に帰ってからちょっとでも勉強すると、なんだかすごく勉強した気分になるものですが、一週間で見ると勉強時間がわずかということがしばしば。

 

勉強時間が足りないのであれば、成績が上がらないのもあたり前。
どのぐらいの勉強時間が十分なのかは個人差があります。

 

ただし、自分の中で比べることは可能です。
成績が伸びていた頃の勉強時間と比較して、いまの勉強時間は十分でしょうか。

 

昔よりも勉強時間は増えているのに、成績が上がらないのではればスランプです。
まずは、ホントにスランプ状態なのかを確認しましょう。

 

スランプ脱出法はアプローチを変えること

ホントにスランプ状態なら、TOEICに対する取り組み方(アプローチ)を変えてみましょう。

  • TOEICの勉強を一時離れて英会話の勉強を始める
  • 英会話などは一時中止してTOEICのためだけの勉強に専念する
  • TOEICのスピーキングとライティングの勉強をしてみる

勉強方法を変えることよりも方針転換をするといった感覚です。
大胆にやることを変えるイメージです。

 

ちなみに、私の場合は「TOEICのスピーキングとライティングの勉強をしてみる」が役立ちました。同じ英語なので、つながっている部分があるからです。

 

気分転換にもなりますし、新しい知識が入ってくる感覚があります。
スランプなときというのは、何かを大胆に変えるチャンスでもあります。

 

また、そう思うと気分的にもラクになります。
スランプ状態であれば、アプローチを変えてみることを検討してみてください。

 

【参考】ライティングに役立ったのはコチラ

NHK「おはよう日本」で紹介された話題のオンライン英語添削[アイディー]

↓おすすめTOEIC対策↓

TOEICの成績がスランプなときの勉強法関連ページ

仕事で疲れているとき
仕事で疲れているときでも出来るTOEIC勉強法を紹介しています。TOEICに限らず勉強は継続することが何より大切。ただ、分かってはいても仕事で疲れていると勉強できないですよね。
「すき間時間」の活用
TOEICの勉強にはまとまった時間を取る必要がないもの(パート2対策やパート5対策)もあるので、通勤時間や昼休みなどの「すき間時間」でもスマホなどを使って勉強することができます。
土日など時間があるとき
社会人が平日勤務の場合、土日に優先的にすべきTOEICの勉強方法を紹介しています。平日勤務のサラリーマンの場合、土日にいかに効果的に勉強するかがTOEIC900点越えには重要です。まとまった時間が取れる休日だからこそ、勉強の中身を大切にする必要があります。
TOEIC対策動画の選び方で気をつけたいポイント
スマホなどでも見ることが出来るTOEIC対策の動画が増えていますが選ぶときには気をつけたいことがあります。YouTubeなどでも無料のTOEIC対策講義が増えていますが、どうしても当たり外れがあるものです…
三ヶ月後にTOEIC900点を取るための勉強法
三ヶ月後にTOEIC900点を取るための勉強法を紹介しています。どんなことでも、一つのことに集中できる期間には限度があります。この目安がだいたい3ヵ月。それ以上だと飽きてきてしまいます。
高校英語から勉強し直すのに役立つのはコレ
TOEICのスコアが伸び悩んでいるときにやっておきたいのが高校英語からの勉強のし直しです。社会人になってから勉強し直すと意外な発見があったり、忘れていることも少なくありません。ただ、困るのはその方法ですよね。
TOEICスコアが伸び悩んでるときの勉強法
自らの体験をもとにTOEICスコアが伸び悩んでるときにオススメの勉強法を紹介したいと思います。TOEICを受け続けていると伸び悩みの時期は誰にでも来るものです。「これが限界か」なんて思わず、勉強法を変えてみてください。伸び悩みの壁を突破したときの爽快感は最高です。