三ヶ月後にTOEIC900点を取るための勉強法を紹介

三ヶ月後にTOEIC900点を取るための勉強法

TOEIC900点以上を取るのにどのぐらいの勉強時間が必要かは、いまのレベルがどのくらいかにより異なります。

 

現時点で600点以上取れているのであれば、3ヶ月間集中して勉強すれば900点以上は可能です。

 

どんなことでも、一つのことに集中できる期間には限度があります。この目安がだいたい3ヵ月。それ以上だと飽きてきてしまいます。

 

この3ヵ月間をいかにTOEICだけの勉強に専念するかが900点突破にはポイントなります。

 

900点突破のシナリオ

TOEICにはリスニングとリーディングがあります。どちらも100問で495点満点ですが、難易度には違いがあります。

 

受験者全体の平均点を見ると、リスニングのほうがリーディングよりもカンタンです。

 

同じぐらいの難易度で合計で900点となるには、リスニング470点リーディング430点ぐらいになります。

 

ただし、人それぞれ得意、不得意があると思いますので、まずはこのリスニング470点、リーディング430点を目安に自分の900点突破のためのリスニング、リーディングごとの目標スコアを立てることが大切です。

 

目標を立てておくからこそ、そこに向けた最短の道で努力することが出来る用になりますし。道から外れているときにも気づきやすくなります。

 

TOEICだけの勉強に専念

目標を設定したら、目標を達成するための勉強だけに専念します。TOEICのための勉強だけで英語の勉強は不要です。

 

スコアアップに役立つ勉強化の視点で、リスニング、リーディング対策の勉強を行うことが大切です。

 

リーディング問題でいつも時間が足りなくなっているようであれば、読解問題を制限時間をつけて解くといった勉強が必要です。

 

TOEICに特化した参考書や問題集はたくさんあります。その中から自分の目標(リスニング、リーディング別に設定したスコア)に近づくものを選ぶことが大切です。

 

どんなものが良いか分からなければTOEIC講座で定評のあるアルクのものを使ってみてもイイかもしれません。

 

自分にあうものを見つけて三ヶ月間やりぬけば結果はついてくるものです。ぜひ900点突破を達成してください。

↓おすすめTOEIC対策↓

三ヶ月後にTOEIC900点を取るための勉強法関連ページ

仕事で疲れているとき
仕事で疲れているときでも出来るTOEIC勉強法を紹介しています。TOEICに限らず勉強は継続することが何より大切。ただ、分かってはいても仕事で疲れていると勉強できないですよね。
「すき間時間」の活用
TOEICの勉強にはまとまった時間を取る必要がないもの(パート2対策やパート5対策)もあるので、通勤時間や昼休みなどの「すき間時間」でもスマホなどを使って勉強することができます。
土日など時間があるとき
社会人が平日勤務の場合、土日に優先的にすべきTOEICの勉強方法を紹介しています。平日勤務のサラリーマンの場合、土日にいかに効果的に勉強するかがTOEIC900点越えには重要です。まとまった時間が取れる休日だからこそ、勉強の中身を大切にする必要があります。
TOEIC対策動画の選び方で気をつけたいポイント
スマホなどでも見ることが出来るTOEIC対策の動画が増えていますが選ぶときには気をつけたいことがあります。YouTubeなどでも無料のTOEIC対策講義が増えていますが、どうしても当たり外れがあるものです…
高校英語から勉強し直すのに役立つのはコレ
TOEICのスコアが伸び悩んでいるときにやっておきたいのが高校英語からの勉強のし直しです。社会人になってから勉強し直すと意外な発見があったり、忘れていることも少なくありません。ただ、困るのはその方法ですよね。
TOEICスコアが伸び悩んでるときの勉強法
自らの体験をもとにTOEICスコアが伸び悩んでるときにオススメの勉強法を紹介したいと思います。TOEICを受け続けていると伸び悩みの時期は誰にでも来るものです。「これが限界か」なんて思わず、勉強法を変えてみてください。伸び悩みの壁を突破したときの爽快感は最高です。