英語の勉強法に関する書籍の中からTOEICのスコアアップに役立った本を紹介

自分の勉強法を見直すきっかけになる一冊

【Amazonでの内容紹介】
3つのバイトを掛け持ちしながら英語を習得。売れっ子同時通訳者が伝授する超スピード学習法。「カネなし」「時間なし」「留学経験なし」のほうが英語はモノになる!

 

続きは ⇒ TOEICテスト280点だった私が半年で800点、3年で同時通訳者になれた42のルール

 

著者は同時通訳者として活躍されている小熊弥生氏。
自らの経験をもとにした英語の勉強法本です。

 

内容は全部で5章。
1章は著者のこれまでの経歴(英語学習を中心としたもの)なので、読み飛ばしてもOK。
2章は英語を勉強するためのモチベーションに関するものなので、要不要は読み手次第。

 

実践的なノウハウは3章と4章

3章で英語の勉強方法に関するルールが18コ。
4章でTOEICのスコアアップ法に関するルールが5コ。
ここがこの本のメインコンテンツと言えるところです。

 

正直に言うと、特別に目新しい勉強方法は掲載されていません。どこかでいつか読んだことがあるような勉強法のバリエーションを変えたものというのが率直な感想。

 

ただ、読んでるうちに試してみようかなという勉強法はいくつかありました。

 

「以前に試してイマイチだったけど、やり方をこう変えれば効果ありそう」と思えるものがいくつかと、「いまならスマホを活用できるのでイイかも」と思える勉強法も。

 

そうした意味では、自分の勉強法を見直してみるキッカケになる一冊です。

 

5章には著者以外の3人の人がどんなな風に英語を勉強しているのかについての記載があります。他人の勉強法を知るというのは、自分もやらなきゃとモチベーションアップになるので、ここも読んで損はない章です。

 

Amazonへのリンク


TOEICテスト280点だった私が半年で800点、3年で同時通訳者になれた42のルール

↓おすすめTOEIC対策↓

TOEICテスト280点だった私が半年で800点…関連ページ

レバレッジ英語勉強法
TOEICのスコアアップに役立った英語の勉強法に関する書籍のレビュー。「レバレッジ英語勉強法(本田直之著)」について記載しています。決まったパターンの試験には必勝テクニックや成功パターンがあるので、それを学ぶために体験談を読むことなどを推奨しています。