TOEIC SW(スピーキング問題)勉強法

事前勉強でしっかり稼ぎたい問題

TOEIC SWのスピーキング問題(応答問題)対策として行っていた勉強方法を紹介します。

 

スピーキングの応答問題とは、このような(↓)内容です。

問題番号 Q4〜Q6
問題数 3問
問題概要 身近な話題についての質問に直ぐに回答する
回答時間 1問15秒または30秒
準備時間 なし
採点ポイント 発音、文法などに加え、内容の妥当性や完成度

この問題は、Q.1〜Q.3と違って準備時間がありません
普通に会話をしているように、質問にすぐ答えなければなりません。

 

ただし、回答時間は1、2問目が15秒、3問目が30秒ですので、それほど長く話す必要はありません。質問自体は簡単なので、質問内容が分からないということはないと思います。

 

全部で3問出題され、スピーキング問題の中では得点の稼ぎどころなので、しっかり事前に対策をしておきたい問題です。

 

私のTOEIC SW勉強法(応答問題編)

この応答問題は、稼ぎどころの問題だけに、「何も答えない」または「答えるまでに時間がかかってしまう」のは避けたいところです。(※ 答えるまでに時間があると減点対象です。)

 

そこで、ひたすら回答文のパターンを数多く暗記する勉強をしました。

 

具体的には、「簡単な日常英会話用の参考書を繰り返し聞く」勉強法です。
ちなみに、使用した参考書は、英会話速攻フレーズ3000 ([CD+テキスト])。

 


英会話速攻フレーズ3000 ([CD+テキスト])

 

この問題集は「1問3答式」というように、一つの質問文に対して、三つの回答文が例示されています。質問文、会話文とも付属のCDに収録されているので、ひたすら聞いて覚えました。

 

回答文のパターンをいくつも身につけておけば、応答問題の質問には答えられます。正直、TOEIC SW用として購入した参考書ではなかったのですが、なかなか役立ちました。

 

SWライティング対策にオススメ


  • 添削+アドバイスがライティングの勉強に役に立ちます。

↓英語に本気な人だけチェックしてください↓

TOEIC SW 応答問題の勉強法関連ページ

音読問題の勉強法
TOEIC SWの音読問題(スピーキング問題の1問目と2問目)についての勉強法を自分の体験をもとにまとめています。初めて試験を受ける方や勉強方法が分からない方は参考にしてみてください。
写真描写問題の勉強法
TOEIC SWの写真描写問題題(スピーキング問題の3問目)についての勉強法を自分の体験をもとにまとめています。初めて試験を受ける方や勉強方法が分からない方は参考にしてみてください。
資料に基づく応答問題
TOEIC SWの資料に基づく応答問題(スピーキング問題の7問目から9問目)についての勉強法を自分の体験をもとにまとめています。初めて試験を受ける方や勉強方法が分からない方は参考にしてみてください。
解決策を提案する問題
TOEIC SWの解決策を提案する問題(スピーキング問題の10問目)についての勉強法を自分の体験をもとにまとめています。初めて試験を受ける方や勉強方法が分からない方は参考にしてみてください。
意見を述べる問題
TOEIC SWの意見を述べる問題(スピーキング問題の11問目)についての勉強法を自分の体験をもとにまとめています。初めて試験を受ける方や勉強方法が分からない方は参考にしてみてください。
TOEIC SW勉強になる英作文添削サイト
TOEIC SWのライティング問題(特に「Eメール作成問題」と「エッセイ作成問題」)で必要となる英作文の勉強には添削サイトが役に立ちます。料金が安く試せる評判のものをピックアップしたので参考にしてみてください。