TOEIC SW(スピーキング問題)勉強法

英会話とスピーチの違いに注意

TOEIC SWのスピーキング問題(音読問題)対策として行っていた勉強方法を紹介します。
ちなみに、私のTOEIC SWスコアは、スピーキング140点、ライティング160点です。(参照:TOEIC SWスコア表

 

スピーキングの音読問題とは、このような(↓)内容です。

問題番号 Q1〜Q2
問題数 2問
問題概要 パソコン画面上に表示された英文を読み上げる(マイクに音声を収録)
回答時間 1問45秒
準備時間 1問45秒
採点ポイント 発音、アクセント

 

スピーキングの最初の問題でもあり、難しくありません。
回答する前に1問あたり45秒の準備時間があり、英文に目を通すことができます。

 

読めない単語がないかが不安になりますが、それほど難しい英文ではありません。
それよりも、英語のリズムで話せているかが採点されているようです。

 

私のスピーキング音読問題向け勉強法

私の場合は、英語でスピーチする練習をしました。

 

スピーチといっても、書かれている英文を声に出して読むだけです。
英文は、SW公式ガイドに掲載されているものを使いました。

 

英会話は習っていたのですが、会話とスピーチは違います。会話だと、質問に答える(または質問する)ことが多くなるので、それほど長いあいだ話しません。

 

ところが、この音読問題は、ある程度の文量を読まなくてはなりません。
(回答時間が1問45秒なので、そこそこの分量があります。)

 

これが、慣れていないと意外と苦戦します。
苦戦というか、途中で舌が回らなくなってきます。

 

最初の問題だけにつまづかないことが大事

普段から英語を話し慣れていれば良いのでしょうが、「レッスン英会話」レベルだと大変です。

 

正直、1回目に試験を受けた時には、このことに気づかないで、
特に何もせず受験したのですが、いきなりつまづいた(リズムが崩れた)思い出があります。

 

このため、2回目に受験する前は、例文を声に出して何回か読んで、舌を慣らしておきました。
文章自体は、それほど難しくないので、この勉強法だけで十分だと思います。

 

SWライティング対策にオススメ


  • 添削+アドバイスがライティングの勉強に役に立ちます。

↓おすすめTOEIC対策↓

TOEIC SW 音読問題の勉強法関連ページ

写真描写問題の勉強法
TOEIC SWの写真描写問題題(スピーキング問題の3問目)についての勉強法を自分の体験をもとにまとめています。初めて試験を受ける方や勉強方法が分からない方は参考にしてみてください。
応答問題の勉強法
TOEIC SWの応答問題(スピーキング問題の4問目から6問目)についての勉強法を自分の体験をもとにまとめています。初めて試験を受ける方や勉強方法が分からない方は参考にしてみてください。
資料に基づく応答問題
TOEIC SWの資料に基づく応答問題(スピーキング問題の7問目から9問目)についての勉強法を自分の体験をもとにまとめています。初めて試験を受ける方や勉強方法が分からない方は参考にしてみてください。
解決策を提案する問題
TOEIC SWの解決策を提案する問題(スピーキング問題の10問目)についての勉強法を自分の体験をもとにまとめています。初めて試験を受ける方や勉強方法が分からない方は参考にしてみてください。
意見を述べる問題
TOEIC SWの意見を述べる問題(スピーキング問題の11問目)についての勉強法を自分の体験をもとにまとめています。初めて試験を受ける方や勉強方法が分からない方は参考にしてみてください。
TOEIC SW勉強になる英作文添削サイト
TOEIC SWのライティング問題(特に「Eメール作成問題」と「エッセイ作成問題」)で必要となる英作文の勉強には添削サイトが役に立ちます。料金が安く試せる評判のものをピックアップしたので参考にしてみてください。